巻衣(読み)まきい(英語表記)drapery

翻訳|drapery

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「巻衣」の解説

巻衣
まきい
drapery

まきぎぬともいう。大型の1枚の布地を身体にきつけたり,掛けたり,垂らしたりしてできあがる衣服総称。日本の先史時代の横幅の衣,インドのサリー,古代ギリシアのヒマティオン,古代ローマのトガなどがあり,一方の肩から脇の下を通って斜めに掛けるこれらの服は袈裟衣ともいう。ほかに古代エジプトのカラシリス,古代ギリシアのキトン,古代ローマのストラ,パリュームなどがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

戻り梅雨

梅雨が明けたあとに、再び梅雨のような状態に戻ること。返り梅雨。《季 夏》[類語]梅雨・梅雨ばいう・五月雨・空梅雨・菜種梅雨・走り梅雨・返り梅雨...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android