コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

巽権次郎 たつみ ごんじろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

巽権次郎 たつみ-ごんじろう

1834-1909 幕末-明治時代の園芸家。
天保(てんぽう)5年生まれ。生地の大和稲葉村(奈良県天理市)で農業に従事。慶応3年(1867)灯心行商の途中三河(愛知県)一色地方でたべた西瓜(すいか)の種子をもちかえる。品種改良をくわえ濃赤色であまい「権次西瓜」を試作,この種子が近隣にひろまり「大和西瓜」の起源となった。明治42年8月1日死去。76歳。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

巽権次郎の関連キーワード明治時代幕末天保

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android