コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

巽権次郎 たつみ ごんじろう

1件 の用語解説(巽権次郎の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

巽権次郎 たつみ-ごんじろう

1834-1909 幕末-明治時代の園芸家。
天保(てんぽう)5年生まれ。生地の大和稲葉村(奈良県天理市)で農業に従事。慶応3年(1867)灯心行商の途中三河(愛知県)一色地方でたべた西瓜(すいか)の種子をもちかえる。品種改良をくわえ濃赤色であまい「権次西瓜」を試作,この種子が近隣にひろまり「大和西瓜」の起源となった。明治42年8月1日死去。76歳。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

巽権次郎の関連キーワード葛飾北斎野村軍記服飾雑誌アヘン戦争図鑑スバルレオポルド2世依田学海菊塚与市父の日

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone