コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

市場社会主義 しじょうしゃかいしゅぎ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

市場社会主義
しじょうしゃかいしゅぎ

中央による計画経済基盤とする社会主義経済体制が,自由競争を基盤とする市場経済の長所を取入れて活性化をはかろうとする経済体制。ソ連型の集惟的計画経済の行きづまりにより採用された理論で,1960年代以降,東ヨーロッパ諸国における改革派の理論的基礎となった。また,近年の中国の社会主義市場経済理論も市場社会主義をひとつのモデルとしている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

大辞林 第三版の解説

しじょうしゃかいしゅぎ【市場社会主義】

生産手段の公有制を維持しつつ、自由競争という市場原理に基づいて生産・分配・資源配分を行おうとする経済体制。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

市場社会主義の関連キーワード経済計算論争チトー主義生産手段市場原理資源配分ブルス分配

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android