コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

市川の天衝舞浮立 いちかわのてんつくまいふりゅう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

市川の天衝舞浮立
いちかわのてんつくまいふりゅう

佐賀県佐賀市富士町市川に鎮座する諏訪神社秋祭り。10月第3日曜日に行なわれる。天衝(てんつく,てんつき)とは,祭りで演じられる天衝舞(方言ではてんつくみゃあ)の踊り子が頭につける直径 1mあまりの三日月形に雲龍を描いたかぶり物のこと。浮立とは風流のことで,見た目も音も華やかな祭礼行事やしつらえをさすことば。まず,亭主前と呼ばれる当番宿を出発した行列が,諏訪神社に向かう。この時,打ちは鉦を浮き足立った調子で鳴らし,モリヤーシは鼓をたたく。棒使いも妙技を披露しつつ行く。諏訪神社境内に入ると,「にわか」や「やっこ踊り」なども行なわれ,次いで天衝舞の出場となる。天衝を着け,腰にござを下げた踊り子が,大太鼓を打ちながら,天衝を地面すれすれに円を描いて振り,あるいは跳躍する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

市川の天衝舞浮立の関連キーワード佐賀県佐賀市富士町市川

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android