コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

風流 ふりゅう

8件 の用語解説(風流の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

風流
ふりゅう

趣向を凝らした作り物に発し,祭礼でのさまざまに飾り立てた作り物,これに伴う音楽,舞踊などをいう。「風流」の文字は古く「みやび」と訓じ,みやびやかなもの,風情に富んだものを意味したが,平安時代には和歌や物語を意匠化した作り物をさすようになり,祭礼の際の傘,山,鉾などが風流と呼ばれ,これに付随した仮装の練り物,囃子,踊りまでが含まれるようになった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ふう‐りゅう〔‐リウ〕【風流】

[名・形動]
上品な趣があること。みやびやかなこと。また、そのさま。風雅。「―な庭」
世俗から離れて、詩歌・書画など趣味の道に遊ぶこと。「―を解する」
ふりゅう(風流)2」に同じ。〈日葡
美しく飾ること。数奇(すき)をこらすこと。また、そのさま。
「御前に―の島形を居(すゑ)られたり」〈太平記・二四〉
風流韻事」の略。
「―のはじめや奥の田植歌」〈奥の細道
先人ののこしたよい流儀。遺風。
「倭歌の―、代々にあらたまり」〈常盤屋の句合・跋〉

ふ‐りゅう〔‐リウ〕【風流】

上品で優雅なおもむきのあること。ふうりゅう。
中世芸能の一。華やかな衣装や仮装を身につけて、囃(はや)し物の伴奏で群舞したもの。のちには、華麗な山車(だし)の行列や、その周りでの踊りをもいう。民俗芸能の念仏踊り雨乞い踊り盆踊り獅子舞などの源である。ふうりゅう。
延年舞の演目。登場人物の問答のあと、歌舞となる。規模により、大風流と小風流とある。風流延年。能の「」の特殊演出。狂言方が担当。大勢の華やかな衣装の演者が出て寿を祝う。狂言風流

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

風流【ふりゅう】

みやびやかなもの,風情(ふぜい)あるものの意から,目を驚かすような風情ある作り物をさすようになり,さらに,そのようなものが加わっている囃子物(はやしもの),舞踊をもさすようになった。
→関連項目えんぶり鷺舞猿楽山車

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

タレントデータバンクの解説

風流


芸名
風流

性別
男性

生年月日
1977/03/19

星座
うお座

干支
巳年

出身地
群馬県

身長
168cm

ブログタイトル
風流公式ブログ『VicinoBarista ~隣の珈琲屋さん~』

ブログURL
http://ameblo.jp/foolmaster108/

靴のサイズ
25cm

職種
話す仕事

趣味・特技
読書/音楽鑑賞/小説書き/詩吟(和歌)/ゴミ拾い/缶珈琲の新商品チェック/ヘッドフォンの試聴/音感/リズム感/文章表現

プロフィール
群馬県出身。子供の頃からマンガが好きで、特に某プラモデル改造マンガに多大な影響を受ける。さらに、家庭用ゲーム機の家庭浸透世代のためその影響も受け、自然にアニメゲームに夢を抱き、『アニメなら空を飛べるしロボットにも乗れるし、魔法も使える!』と 声優の道を志す。また、学生時代に聴いていたラジオに憧れ、『声でお仕事をする人』の道を一歩づつ踏み締める毎日。ふじいなおみとパーソナリティユニット『Vicino Barista』を組みラジオドラマ風音楽情報番組『MUSIC CAFE』を制作し、すまいるエフエム他で放送。

代表作品
すまいるエフエム『カウントダウンすまいる』(パーソナリティ、技術)(2011)

出典|株式会社タレントデータバンク
Copyright(C) 2010 Talent-Databank Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ふうりゅう【風流】

(1)中国でこの熟語の最も古い用例は漢初(前2世紀)の《淮南子(えなんじ)》に見え,風俗の退廃を意味した。したがってそれは貶辞(へんじ)(人をおとしめ,さげすむことば)であったと思われる。しかしやや後には,風俗のなごり・遺風の意味の用法も見られる。(2)魏・晋時代(3~4世紀)には,ひとから仰ぎ慕われる風格・人格の高さをさすようになる。そのころ〈風流の名士〉とよばれた一群の人は古来の道徳や礼法を無視し,因襲を脱しようとした人びとであった。

ふりゅう【風流】

華やかな趣向のある意匠をいう。〈風流(ふうりゆう)〉は,《万葉集》では〈みやび〉と訓じ,〈情け〉〈好き心〉などの意も含んでいたが,平安末期から中世にはもっぱら〈ふりゅう〉と読まれ,祭りの山車(だし)や物見車に施された華美な装飾,その警固者の奇抜な衣装,宴席に飾られた洲浜台(すはまだい)の趣向などを総称するようになった。これら貴族社会の風流は,しばしば朝廷から禁令が出るほどに華美なものであったが,南北朝期に入ると力をつけてきた町衆や地方の有力農民層にも浸透し,とくに彼らが担い手となった祭礼の芸能の中で大きく花開いた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ふうりゅう【風流】

( 名 ・形動 ) [文] ナリ 
〔古くは「ふりゅう」とも〕
おちついた優雅な趣のあること。みやびやかなこと。また、そのさま。風雅。 「 -な茶室」
詩歌・書画・茶など、俗を離れた趣のあるもの。 「 -の道」 「 -を解する」
美しく飾ること。意匠をこらすこと。また、その物。 「 -の破子わりごやうのもの、ねんごろに営み出でて/徒然 54
芸能の一。 → ふりゅう(風流)
「風流韻事」の略。 「 -の初めやおくの田植うた/奥の細道」
先人が残した美風・なごり。遺風。 「古きを学び新しきを賞する中にも全く-を邪よこしまにする事なかれ/風姿花伝」
[派生] -さ ( 名 )

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の風流の言及

【みやび】より

…〈雅び〉とあてられ,〈ひなび(鄙び)〉に対する語で,広く都(みやこ)風宮廷風の事柄・事物についていう。漢文訓読史では〈風流〉〈閑雅〉などの漢語に〈みやびかなり〉の訓が付けられた。はやく《万葉集》に〈梅の花夢に語らくみやびたる花とあれ思ふ酒に浮かべこそ〉(巻五)があり,また〈遊士とわれは聞けるを屋戸貸さずわれを還せりおその風流士〉(巻一)の〈遊士〉〈風流士〉も〈みやびを〉とよむべきものと推定される。…

【延年】より

…そして,時の経過とともに延年芸にはさまざまの意匠がこらされ,演ぜられる芸能の種類もしだいに増加していった。たとえば多武峰では6月の蓮華会の延年が盛大であったが,その蓮華会延年の室町後期における演目をみると,頌物,俱舎舞(くしやまい),切拍子,乱拍子,音取(ねとり),楽,朗詠,白拍子,開口,連事(れんじ),狂物,伽陀,小風流,大風流,鉾振(ほこふり)などがあり(1515年(永正12)の《蓮華会延年式目》),演目の増加と次第の整備がいっそう進んでいることがわかる。これを興福寺など他の寺院の室町期の演目に比較してみると,多少の出入りはあるが,大略は上記の多武峰蓮華会の延年式目に一致する。…

【芸能】より

…猿楽は,その後,狂言の二種を並存させながら幕府の式楽としての道をあゆむ。 その間,諸寺院では僧侶たちによる延年(えんねん)の芸能が行われ,民間では白拍子(しらびようし),曲舞(くせまい),幸若舞(こうわかまい)などの遊行芸能者による歌舞や,極楽往生を願う民衆が念仏を唱えつつ群舞する踊念仏,さらには若い男女が華麗な衣装と小道具を誇示して踊る風流踊(ふりゆうおどり)(風流)などが流行した。長い戦国の争乱ののち,徳川幕府が成立したのは1603年(慶長8)であったが,この年京の河原で名のりを挙げた出雲のお国の歌舞伎踊には,それら踊念仏や風流踊などの要素が多彩に取り込まれていた。…

【日本音楽】より

…日本の伝統音楽は一般に音楽独自の様式を発展,完成するよりも,演劇や舞踊などと結びついた芸能の形をとって発展する傾向がきわめて強かったが,その発展の母体となってきたのが民俗芸能で,能や歌舞伎なども民間で行われていた芸能がしだいに芸術的に洗練され完成されたものである。現在各地に行われている神楽,田楽,風流(ふりゆう)などの民俗芸能の音楽には,現在の芸術音楽にはすでに見られないような古い大陸の音楽文化の影響や能・歌舞伎の音楽の先行形態も残っており,芸術音楽よりもはるかに多くの種類の音楽が行われており,日本音楽史上きわめて重要な地位を占めている。また,日本の民俗音楽においては歌の占める比重がたいへんに大きい。…

【松囃子】より

…また,室町幕府での観世の松囃子は永享(1429‐41)年末から正月14日に定着していた。 松囃子にはたいてい風流(ふりゆう)と呼ばれる華麗な作り物や仮装,舞,あるいは曲舞(くせまい),田楽(でんがく),獅子舞,そして能が付随して演ぜられているが,人々の関心はむしろこの付随する芸能のほうにあったのであり,風流としては〈九郎判官奥州下向の躰〉〈五条立傾城の躰〉〈清涼山の橋,文殊,師子等〉〈鶴亀舞〉などが資料に見えている。能が演ぜられたのは室町御所での観世大夫の松囃子と,禁裏,室町御所などに推参した声聞師の松囃子であった。…

【民俗芸能】より

…長年全国を踏査して多くの研究成果をあげた本田安次(1906‐ )は,これを整理して次のような種目分類を行った。 (1)神楽 (a)巫女(みこ)神楽,(b)出雲流神楽,(c)伊勢流神楽,(d)獅子神楽(山伏神楽番楽(ばんがく),太神楽(だいかぐら)),(2)田楽 (a)予祝の田遊(田植踊),(b)御田植神事(田舞・田楽躍),(3)風流(ふりゆう) (a)念仏踊(踊念仏),(b)盆踊,(c)太鼓踊,(d)羯鼓(かつこ)獅子舞,(e)小歌踊,(f)綾踊,(g)つくりもの風流,(h)仮装風流,(i)練り風流,(4)祝福芸 (a)来訪神,(b)千秋万歳(せんずまんざい),(c)語り物(幸若舞(こうわかまい)・題目立(だいもくたて)),(5)外来脈 (a)伎楽・獅子舞,(b)舞楽,(c)延年,(d)二十五菩薩来迎会,(e)鬼舞・仏舞,(f)散楽(さんがく)(猿楽),(g)能・狂言,(h)人形芝居,(i)歌舞伎(《図録日本の芸能》所収)。 以上,日本の民俗芸能を網羅・通観しての適切な分類だが,ここではこれを基本に踏まえながら,多少の整理を加えつつ歴史的な解説を行ってみる。…

※「風流」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

風流の関連キーワード風流韻事風流傘風流車風流人風流仏無風流・不風流没風流没風流漢風流棚無風流

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

風流の関連情報