コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

天衝 テンツキ

デジタル大辞泉の解説

てん‐つき【天衝】

兜(かぶと)の前立物(まえだてもの)の一。刺股(さすまた)の形で先端をとがらせたもの。
カヤツリグサ科一年草。湿りけのある草地に生え、高さ約30センチ。葉は細く堅い。夏から秋、傘状に分枝した茎の先に茶褐色の小さい穂をつける。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

天衝 (テンツキ)

学名:Fimbristylis dichotoma
植物。カヤツリグサ科の一年草

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

天衝の関連キーワード市川の天衝舞浮立かぶと太鼓踊前立物刺股浮立富士

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

天衝の関連情報