コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

市川十郎 いちかわ じゅうろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

市川十郎 いちかわ-じゅうろう

1813-1868 江戸時代後期の兵法家。
文化10年生まれ。嘉永(かえい)3年父の市川一学をたすけて松前藩福山城をきずく。のち蝦夷(えぞ)地(北海道),樺太(からふと)を踏査し,大坂天保山に砲台を建造。慶応3年昌平黌(しょうへいこう)教授。慶応4年3月14日死去。56歳。名は有翼(ありすけ)。字(あざな)は仲則。号は松筠(しょういん)。著作に「蝦夷実地検考録」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

市川十郎の関連キーワード戊辰戦争ペグマタイトオブレノビチ家旧ユーゴ諸国史(年表)アドネドンケル=クルティウスフォーチュンドゥーフ鉄十字章サウジー

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

市川十郎の関連情報