コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

市川左団次(3代) いちかわ さだんじ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

市川左団次(3代) いちかわ-さだんじ

1898-1969 明治-昭和時代の歌舞伎役者。
明治31年8月26日生まれ。6代市川門之助の養子。明治35年初舞台。6代尾上菊五郎に師事,昭和24年菊五郎劇団の理事。27年3代を襲名。立役(たちやく),女方,老役(ふけやく)を演じた。31年芸術院賞。38年芸術院会員。39年人間国宝。40年文化功労者。昭和44年10月3日死去。71歳。東京出身。本名は荒川清。初名は市川男寅(おとら)(4代)。前名は市川男女蔵(おめぞう)(4代)。屋号は高島屋。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

市川左団次(3代)の関連キーワード昭和時代明治

今日のキーワード

荒らげる

[動ガ下一][文]あらら・ぐ[ガ下二]声や態度などを荒くする。荒々しくする。「言葉を―・げる」[補説]文化庁が発表した平成22年度「国語に関する世論調査」では、本来の言い方とされる「声をあららげる」を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android