コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

市川段四郎(3代) いちかわ だんしろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

市川段四郎(3代) いちかわ-だんしろう

1908-1963 大正-昭和時代の歌舞伎役者。
明治41年10月5日生まれ。2代市川猿之助の長男。大正2年初舞台。昭和3年2代市川左団次一座にくわわり訪ソ。5年3代を襲名。13年高杉早苗と結婚。26年東宝の専属俳優となる。昭和38年11月18日死去。55歳。東京出身。本名は喜熨斗(きのし)政則。初名は市川団子(2代)。屋号沢瀉(おもだか)屋。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

市川段四郎(3代)の関連キーワード歌舞伎役者昭和時代

今日のキーワード

はしか(麻疹)

◎生後7か月以後、注意する [どんな病気か]  麻疹ウイルスが感染し、発熱、せき、目の充血、全身の発疹などがおこる病気です。  子どもならだれでもかかる軽い病気と考えがちですが、体力を消耗する重い病気...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android