コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

北九州(市) きたきゅうしゅう

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

北九州(市)
きたきゅうしゅう

福岡県北東端にある商工業都市。1963年(昭和38)門司(もじ)、小倉(こくら)、戸畑(とばた)、八幡(やはた)、若松(わかまつ)の5市が合併し北九州市と改称。九州最初の政令指定都市で、旧5市がそのまま5区となり、1974年小倉区が南・北の2区、八幡区が東・西の2区に分区、7区となった。面積487.89平方キロメートル。九州最初の100万都市であるが、人口は伸び悩んでいる。人口97万6846(2010)。[石黒正紀]

自然

関門海峡を挟んで山口県下関(しものせき)市と相対し、東は周防灘(すおうなだ)、北は響灘(ひびきなだ)に臨む。市域の大半は北東部の企救(きく)山地と、中央部から南に伸びる福智(ふくち)山地および東部の貫(ぬき)山地とに分けられる。これらの山地は比較的低く古生層、中生層が広く分布するが、東部の平尾台では石灰岩が露出、黒崎・香春(かわら)断層線以西は第三紀層の丘陵が展開する。海岸沿いに中小河川が沖積低地を形成しているが、その大半は狭く、臨海部の工業用地はほとんどが埋立地である。気候は全般的に温和であるが、冬季は曇りの多い日本海式気候を呈する。八幡で年平均気温16.2℃、年降水量1729.3ミリメートル(1981~2010年平均値)。[石黒正紀]

歴史

古くは門司・小倉が豊前(ぶぜん)国企救郡、戸畑・八幡・若松が筑前(ちくぜん)国遠賀(おんが)郡に属し、江戸時代は前者が小倉藩、後者が福岡藩であったが、城下町の小倉と宿場町の黒崎や木屋瀬(こやのせ)を除けば寒村であった。明治中期以降、筑豊(ちくほう)炭田の開発により北九州においても門司・若松の港湾都市が発展を始めた。1901年(明治34)に創業した官営八幡製鉄(鐵)所(現、新日鉄住金八幡製鉄所)を中心に重化学工業が発達、門司(1899)、小倉(1900)、若松(1914)、八幡(1917)、戸畑(1924)の順に市制を施行、北九州工業地帯を形成した。1929年(昭和4)以降合併問題が生じたが、各市の利害対立によって難航し、1963年(昭和38)世界に類をみない5市対等合併により解決をみた。[石黒正紀]

産業

日本の四大工業地帯の一つとして、古くから鉄鋼業を中心とする素材型の重化学工業が産業の中心になっている。2002年(平成14)に工場数1327工場、従業者数5万3067人、製造品出荷額1兆5605億円に達し、大企業が多いことが特徴である。近年では加工型の機械工業の比重が高まりつつある。
 商業は小倉を中心に工業の発展に伴う形で展開してきたが、福岡市と並ぶ福岡県の二大商圏の核をなし、商圏人口は200万人に達する。2002年に商店数1万5407店、従業者数9万9364人、商品販売額3兆922億円と、工業同様産業に占める比重は大きい。小倉北区魚(うお)町・京町と八幡西区黒崎の商店街が二大中心として発達しているが、小倉駅周辺の整備が目覚ましい。
 農業は2000年で農家戸数3793戸、経営耕地面積2115ヘクタールで盛んとはいえず、作物の自給状況も米12.7%、野菜21.5%(1998)とかなり低い。漁業も響灘での一本釣りや網漁業、周防灘でのノリ養殖や沿岸漁業が主体で経営規模も小さい。[石黒正紀]

交通

鹿児島本線・日豊(にっぽう)本線・筑豊本線・日田彦山(ひたひこさん)線および山陽新幹線のJRと、3号・10号・199号・200号・211号・322号・495号の国道や、九州自動車道、北九州都市高速、関門自動車道などの高速道路も通じ、海底トンネルや関門橋などによって本州と結ばれる九州交通上の要衝である。私鉄は筑豊電気鉄道が走り、小倉―企救丘(きくがおか)間のモノレール(北九州高速鉄道)が1985年開業。航路は小倉・新門司港から大阪・神戸・徳島・松山・東京・下関などへフェリーボートが通じている。また、小倉南区の曽根(そね)に北九州空港(旧、北九州空港)があったが、2006年3月、同区および隣接する京都(みやこ)郡苅田(かんだ)町の沖合いに新北九州空港(2008年に北九州空港と改称)が開港した。新空港開港に伴い旧北九州空港は閉港。九州の玄関口として交通機関の発達が目覚ましい。[石黒正紀]

観光・文化

門司区の北部海岸は瀬戸内海国立公園、若松区の北西海岸は玄海(げんかい)国定公園、福智・貫・企救の山地は北九州国定公園に属し、観光施設・旧跡に恵まれている。瀬戸内海国立公園には和布刈(めかり)神事(県指定無形民俗文化財)で有名な和布刈神社と和布刈公園、関門橋、北九州国定公園にはカルスト地形で有名な平尾台(国指定天然記念物)、眺望のよい企救自然歩道や皿倉(さらくら)山(帆柱(ほばしら)自然公園)、サクラの名所河内(かわち)貯水池、玄海国定公園には遠見(とおみ)ノ鼻(妙見崎)、千畳敷、脇田(わいた)海水浴場があり、到津(いとうづ)の森公園、小倉城跡、若戸(わかと)大橋、高塔山(たかとうやま)公園、福聚(ふくじゅ)寺なども有名である。門司港駅は1914年(大正3)建造されたもので国の重要文化財に指定され、レトロ地区には歴史的な洋館が多い。県指定無形民俗文化財として小倉祇園(ぎおん)太鼓、黒崎祇園、木屋瀬盆踊、沼楽(ぬまがく)などがあり、戸畑祇園大山笠(やまがさ)は国の重要無形民俗文化財の指定を受け、小倉、黒崎の両祇園と並び北九州市の三大夏祭として知られている。
 国立九州工業大学、九州歯科大学、北九州市立大学など大学11校、短大4校、工専1校、高校39校という教育施設(2012)、市民会館、美術館、図書館、博物館、国際会議場などの文化施設や三萩野(みはぎの)公園、鞘ヶ谷(さやがたに)競技場、北九州市民球場(旧、小倉球場)、桃園(ももぞの)球場、宇宙テーマパーク「スペースワールド」などの施設も多く、朝日・毎日・読売新聞各社の西部本社や、NHK、アール・ケー・ビー毎日放送、九州朝日放送KBC、福岡放送FBS、テレビ西日本TNCなどの放送局もあり、福岡市と並ぶ県の文化の中心でもある。[石黒正紀]

世界遺産の登録

2015年(平成27)、ユネスコ(国連教育科学文化機関)により「明治日本の産業革命遺産 製鉄・製鋼、造船、石炭産業」の構成資産として、官営八幡製鐵所関連施設が世界遺産の文化遺産に登録された。[編集部]
『『門司郷土叢書』117冊(1953~1963・門司市立図書館) ▽『戸畑市小史』(1954・戸畑市) ▽『八幡市史 続編・終編』(1959、1963・八幡市) ▽『若松市史 第2集』(1960・若松市) ▽『小倉六十三年史』(1963・小倉市) ▽玉井政雄著『北九州の伝説と史話』(1966・北九州観光協力会) ▽『新北九州風土記』(1974・朝日新聞社西部本社) ▽『北九州市史』全11巻(1983~1996・北九州市史編さん委員会) ▽平岡昭利編『九州 地図で読む百年』(1997・古今書院)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

北九州(市)の関連キーワード福岡県北九州市八幡西区浅川学園台福岡県北九州市八幡西区浅川日の峯福岡県北九州市小倉北区朝日ケ丘福岡県北九州市小倉北区赤坂海岸福岡県北九州市若松区青葉台南福岡県北九州市八幡西区浅川台福岡県北九州市八幡西区浅川町福岡県北九州市八幡東区荒生田福岡県北九州市小倉南区安部山福岡県北九州市若松区青葉台東福岡県北九州市若松区青葉台西福岡県北九州市八幡西区浅川福岡県北九州市若松区赤島町福岡県北九州市小倉北区赤坂福岡県北九州市八幡西区青山福岡県北九州市小倉北区浅野福岡県北九州市小倉北区足原福岡県北九州市八幡東区荒手福岡県北九州市八幡西区穴生福岡県北九州市小倉北区足立

今日のキーワード

スカジャン

神奈川県横須賀市発祥のジャンパー。おもに化繊の生地の、スタジアムジャンパー風のデザインのジャンパーの背中に、虎や龍、富士山など和風のモチーフの刺繍を施したもの。第2次世界大戦後、横須賀基地に駐留したア...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

北九州(市)の関連情報