コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

市川清流 いちかわ せいりゅう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

市川清流 いちかわ-せいりゅう

1824-? 幕末-明治時代の武士,官吏。
文政7年生まれ。文久元年幕府の遣欧使節副使松平康直の従者となる。3年「尾蠅(びよう)欧行漫録」をあらわし,博物館という語をはじめて使用した。維新後文部省にはいり,明治5年書籍院(図書館)建設の建白書を提出。のち東京日日新聞の校正主任をつとめた。名は皡。通称は別に渡。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

市川清流の関連キーワード書籍館

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

市川清流の関連情報