市川豊次(読み)いちかわ とよじ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

市川豊次 いちかわ-とよじ

1841-1865* 幕末の武士。
天保(てんぽう)12年生まれ。播磨(はりま)(兵庫県)姫路藩士。剣術にすぐれ,文久2年京都御所を警備,尊攘(そんじょう)派とまじわる。翌年千種(ちぐさ)家家臣の賀川肇(はじめ),儒者家里松嶹(しょうとう)を暗殺元治(げんじ)元年捕らえられ,12月26日切腹。24歳。名は久明。通称は豊二,豊治ともかく。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android