コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

市石女 いちいしめ

朝日日本歴史人物事典の解説

市石女

生年:生没年不詳
南北朝時代の紀伊国(和歌山県)の女性。貞和3(1347)年の紛失状に高野山領官省符荘の土地の買い主として記されており,家の女性当主として経営に当たっていたことが知られる。<参考文献>蔵持重裕「村落と女性」(『中世を考える 家族と女性』)

(真下道子)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android