(読み)ニノ

  • ▽布
  • にぬ
  • ぬの
  • のの
  • のんの
  • 漢字項目

デジタル大辞泉の解説

「ぬの(布)」の上代東国方言。にぬ。
「筑波嶺(つくはね)に雪かも降らる否をかも愛しき児ろが―乾さるかも」〈・三三五一〉
織物の総称。古くは、に対して、葛(くず)などの植物繊維で織ったものをいい、のち、木綿も含めた。
建築で、横・平ら・水平・平行などの意を表す語。「羽目(はめ)」
ぬの。「敷(しき)」「葛(くず)
布銭(ふせん)
[音](呉) ホ(漢) [訓]ぬの しく
学習漢字]5年
〈フ〉
麻や綿などの織物。一般に、織物。ぬの。「布衣(ふい)布巾(ふきん)布帛(ふはく)画布乾布絹布財布湿布瀑布(ばくふ)麻布綿布毛布
平らに敷き広げる。「布陣布石散布塗布
広く行き渡らせる。「布教布告布施布令(ふれい)公布宣布配布発布頒布分布流布(るふ)
古代中国の貨幣の一種。「布銭泉布刀布
〈ぬの〉「布地布目麻布
[名のり]しき・たえ・のぶ・よし
[難読]荒布(あらめ)御布令(おふれ)搗布(かじめ)毛布(ケット)布哇(ハワイ)布団(ふとん)布衣(ほい)布衣(ほうい)・忽布(ホップ)・布袋(ほてい)若布(わかめ)和布(わかめ)

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

織物の総称。古くは、絹に対して、麻・葛くず・苧からむしなど植物の繊維で織ったものをさし、のち木綿を含めていうようになった。さらにのちには、絹をも含めて織物の総称となった。
建築で、平ら・水平・横などの意を表す。 -石 -羽目 -丸太 -基礎
ぬの。
布銭ふせん

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 (現在、「の」の甲類の万葉仮名とされている「怒・努・弩」などを「ぬ」と読んだところからできた語) =にの(布)
※東雅(1717)七「布〈略〉またにぬともしるすは、にはぬいのひびきあり。ぬににぬのひびきありと見ゆ」
〘名〙 「ぬの(布)」をいう上代東国方言。にぬ。
※万葉(8C後)一四・三三五一「筑波嶺(つくはね)に雪かも降らる否(いな)をかも愛(かな)しき児ろが爾努(ニノ)(ほ)さるかも」
〘名〙
① 麻・苧(からむし)・葛(くず)などの繊維で織った織物。絹に対していう。後世は木綿をも加え、絹および毛織以外の一切の織物をいう。
※古事記(712)中「其の王子は布(ぬの)の衣褌(きぬはかま)を服て、既に賤人(やつこ)の形に為りて」
② ①と絹の総称。
③ 建築で、語の上に付けて平ら・水平・横・平行などの意を表わす語。「布羽目」「布竹」
〘名〙 「ぬの(布)」の変化した語。〔かた言(1650)〕
〘名〙 =のの(布)
※滑稽本・浮世風呂(1809‐13)二「布子(おひえ)の裏をの、布布(ノンノ)に解て見たらの」
〘名〙
① 絹以外の植物性の繊維の織物の総称。ぬの。
※続日本紀‐養老七年(723)二月己酉「給戸頭百姓、種子各二斛、布一常、鍬一口」 〔儀礼‐士喪礼〕
※杏の落ちる音(1913)〈高浜虚子〉一五「明治新銭譜などを参考し乍ら緑雨は系統的に刀(とう)・布(フ)などの話から姶めた」 〔周礼‐天官・外府〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内のの言及

【ワカメ(若布)】より

…褐藻類コンブ目アイヌワカメ科の食用海藻(イラスト)。ワカメは日本および朝鮮半島沿岸に分布し,日本では,暖流の影響のある北海道の西岸から広く九州まで及ぶ。低潮線付近から漸深部にかけての岩上に生育し,春から初夏にかけて繁茂する。…

※「布」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

オーバーシュート

感染症の爆発的な感染拡大を指す。語源は、「(目標を)通り越す」「(飛行機などが停止位置を)行き過ぎる」という意味の英語の動詞「overshoot」。2019年12月に発生した新型コロナウイルスに関して...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

布の関連情報