コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

帆立貝式古墳 ほたてがいしきこふん

1件 の用語解説(帆立貝式古墳の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ほたてがいしきこふん【帆立貝式古墳】

古墳の一形式で,円丘の一方に比較的小さな方形の付属物が付き,平面形がホタテガイに似た古墳の総称。厳密には円墳に方形の造り出しが付属したものと,前方後円墳の前方部が短小化したものとを区別すべきであるが,判断が困難な場合も少なくない古墳時代中期に多く,全国では400例を超える。規模は前方後円墳と比較すると相対的に小さい。大型前方後円墳の陪冢(ばいちよう)的位置にある場合もあるが,地域によっては古墳群の中心をなす場合もある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内の帆立貝式古墳の言及

【古墳】より

… 日本の古墳の墳丘は,工法からいえば,土を盛って作った土塚と,石を積みあげた積石塚とがある。形態からいえば,規模の小さい円墳方墳と,大型のものをふくむ前方後円墳前方後方墳とがあり,特定の時期にあらわれたものとして,前期の双方中円墳,中期の帆立貝式古墳,後期の双円墳および上円下方墳などがある。また,外形の種類と関係なく,古墳には周濠のないものと,周濠をめぐらすものとがある。…

※「帆立貝式古墳」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

帆立貝式古墳の関連キーワード海淵片歌前方後円墳歌謡形式双墓ぽちゃんキャットリグ千足古墳ピンスポット(ダウンライト)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone