コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

帆立貝式古墳 ほたてがいしきこふん

世界大百科事典 第2版の解説

ほたてがいしきこふん【帆立貝式古墳】

古墳の一形式で,円丘の一方に比較的小さな方形の付属物が付き,平面形がホタテガイに似た古墳の総称。厳密には円墳に方形の造り出しが付属したものと,前方後円墳の前方部が短小化したものとを区別すべきであるが,判断が困難な場合も少なくない。古墳時代中期に多く,全国では400例を超える。規模は前方後円墳と比較すると相対的に小さい。大型前方後円墳の陪冢(ばいちよう)的位置にある場合もあるが,地域によっては古墳群の中心をなす場合もある。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の帆立貝式古墳の言及

【古墳】より

… 日本の古墳の墳丘は,工法からいえば,土を盛って作った土塚と,石を積みあげた積石塚とがある。形態からいえば,規模の小さい円墳方墳と,大型のものをふくむ前方後円墳前方後方墳とがあり,特定の時期にあらわれたものとして,前期の双方中円墳,中期の帆立貝式古墳,後期の双円墳および上円下方墳などがある。また,外形の種類と関係なく,古墳には周濠のないものと,周濠をめぐらすものとがある。…

※「帆立貝式古墳」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

帆立貝式古墳の関連キーワード免鳥長山古墳百舌鳥古墳群吉武遺跡群

今日のキーワード

だまされたふり作戦

「振り込め詐欺」に代表される特殊詐欺事件の警察による捜査手法の一つで、振り込め詐欺と思われる不審な電話があった時、被害者が協力してだまされたふりをし、容疑者の電話番号、振込先、訪問時間などを聞き出し、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

帆立貝式古墳の関連情報