コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

陪冢 ばいちょう

百科事典マイペディアの解説

陪冢【ばいちょう】

本来,主人の死に従って葬られた近親,従臣の墳墓をさすが,一般には,仁徳陵(大山(だいせん)古墳)などの大型の古墳の周辺にある小型の古墳をいう。それらが本来の意味での陪冢であるかどうかは不明。
→関連項目応神陵

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ばいちょう【陪冢】

一般には,主墳の脇につくられた近親者や従者墳墓をさす。陪塚(ばいづか)ともいう。たとえば,中国では前漢・武帝茂陵に対する李夫人墓や霍去病(かくきよへい),衛青らの重臣墓が名高い。しかし,被葬者が判明しない場合は墳墓間の関係を推測することはきわめて難しく,限定されたもののみにこの用語を用いることになる。日本の場合もその例で,大小のものよりなる古墳群では,歴代の首長墳以外のものはすべて陪冢と呼ぶこともできるが,現状では,後者の中でもとくに,主墳に対して計画的に配された,同時代の質量ともに従属性の強い小古墳に限って用いられる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

陪冢
ばいちょう

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の陪冢の言及

【墳墓】より

… 壮大な規模をもち豊富な副葬品を伴い,場合によっては殉葬を伴う墳墓は,絶対的権力を手中に収めた首長あるいは王の墓と理解されている。また壮大な墳墓の周辺に群がる小墳墓は陪冢(ばいちよう)と呼ばれ,前者に付属するものともいわれる。アルプス以北のヨーロッパでは新石器時代から青銅器時代にかけての大規模な墳墓,とくに集葬墓はただちに階層上部の人びとの墓ともいいがたく,確実な首長墓の出現は鉄器時代(ハルシュタット文化)の到来を待たなければならない。…

【陵墓】より

…諸陵の四周を方形の牆壁が取り囲み,四方に門闕(もんけつ)をもつ()。皇后陵は一段小さく,また臣下の陪冢(ばいちよう)をもつものがある。これら諸陵の維持のため,高祖から昭帝まで,文帝を除く5陵に陵邑が設けられた。…

※「陪冢」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

陪冢の関連キーワード佐紀盾列古墳群帆立貝式古墳野中古墳則天武后昭陵乾陵

今日のキーワード

へうげもの

日本のテレビアニメ。放映はNHK(2011年4月~2012年1月)。原作:山田芳裕による漫画作品。制作:ビィートレイン。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

陪冢の関連情報