コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

帆足計 ほあし けい

1件 の用語解説(帆足計の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

帆足計 ほあし-けい

1905-1989 昭和時代の政治家。
明治38年9月27日生まれ。昭和19年重要産業協議会事務局長となり,統制経済を推進。戦後は経済復興会議幹事長などを歴任後,22年参議院議員に当選し,27年社会党から衆議院議員(当選7回)。同年モスクワ,北京を訪問,日中貿易協定をむすんだ。平成元年2月3日死去。83歳。大分県出身。東京帝大卒。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典内の帆足計の言及

【経済同友会】より

…こうした状況のなかで,1946年3月11日の日本産業協議会(日産協)準備会結成に続き,4月30日に秩父セメント社長諸井貫一をリーダーとする大企業の若手経営者を中心に同友会は組織された。初代の当番幹事は諸井のほか,日産協事務局長郷司浩平,同顧問帆足計。同友会の活動目的は,経済人としての職能的立場から日本経済の進歩と安定に寄与し,会員相互の啓発をはかることにある(定款)。…

【中華人民共和国】より

…52年4月の日華平和条約締結を中華人民共和国政府は日本の敵対行為と激しく非難,これに対して日本政府は〈政経分離〉の方針をとり,貿易と限られた人事往来,文化交流しか認めない方針をとり続けた。
[民間交流]
 民間の交流は,まず52年春に訪中した帆足計ら3人の国会議員が6月に北京で第1次貿易協定を締結して始まった(〈日中貿易〉の項目参照)。53年初めには,中国残留日本人の帰国援助に関する取決めが日本赤十字社と中国紅十字会との間でなされた。…

※「帆足計」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

帆足計の関連キーワード逢沢寛阿子島俊治安藤覚岩間正男苅田アサノ北山愛郎多田満長益谷秀次最上政三渡辺良夫(1)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone