コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

帆足長秋 ほあし ながあき

1件 の用語解説(帆足長秋の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

帆足長秋 ほあし-ながあき

1758*-1822 江戸時代中期-後期の国学者。
宝暦7年12月8日生まれ。肥後(熊本県)天目一(あめのまひとつ)神社神職。本居宣長(もとおり-のりなが)にまなぶ。まずしくて本をかえず,「古事記伝」など一千余巻を手写したという。文政5年1月14日死去。66歳。本姓は清原。初名は政秀。字(あざな)は徳甫。号は抱月,徇精など。編著に「万葉集諸説」,著作に「本名草」など。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

帆足長秋の関連キーワード科学史柏木如亭斎藤方策レジナイトシンプレクタイト組織真珠岩粗粒玄武岩三雲遺跡ペドロブラガンサ朝

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone