帆足長秋(読み)ほあし ながあき

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

帆足長秋 ほあし-ながあき

1758*-1822 江戸時代中期-後期の国学者。
宝暦7年12月8日生まれ。肥後(熊本県)天目一(あめのまひとつ)神社神職。本居宣長(もとおり-のりなが)にまなぶ。まずしくて本をかえず,「古事記伝」など一千余巻を手写したという。文政5年1月14日死去。66歳。本姓清原初名は政秀。字(あざな)は徳甫。号は抱月,徇精など。編著に「万葉集諸説」,著作に「本名草」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android