帖佐人形(読み)ちょうさにんぎょう

事典 日本の地域ブランド・名産品「帖佐人形」の解説

帖佐人形[人形・玩具]
ちょうさにんぎょう

九州・沖縄地方、鹿児島県の地域ブランド。
姶良郡姶良町で製作されている。帖佐人形は、県内の人形焼最初窯元とされている。江戸時代初期、薩摩藩主・島津義弘朝鮮出兵から帰国した際、連れ帰った朝鮮人陶工によって始められた。節句物の小物が多いが、義経の武者物や八重垣姫などの大型のものもある。京都伏見人形との関わりが強い。鹿児島県伝統工芸品。

出典 日外アソシエーツ「事典 日本の地域ブランド・名産品」事典 日本の地域ブランド・名産品について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android