コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

土人形 ツチニンギョウ

大辞林 第三版の解説

つちにんぎょう【土人形】

土で作った人形。素焼きの人形。土偶。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

土人形
つちにんぎょう

粘土製の人形。土偶(どぐう)、泥(どろ)人形ともいう。粘土で型につくり乾燥させただけのものと、これをさらに窯(かま)で焼いたのち胡粉(ごふん)を塗り、彩色して仕上げるものとがある。後者を素焼人形という。先史時代の土偶や古代の埴輪(はにわ)もこれに含まれ、古い歴史をもっている。製作が比較的容易で、安価なうえに量産できる利点があり、ことに江戸時代から節供物、縁起物としてこの種の人形製作が全国各地に発達、数多くの作品が生まれた。産地は京都・伏見(ふしみ)を源流に、全国で約100か所にも上り、三月節供、五月節供の土雛(びな)、土天神、武者人形などのほか、達磨(だるま)、福助、熊金(熊乗り金時)、お多福、太鼓打ち人形、三番叟(さんばそう)、娘、花魁(おいらん)、太閤(たいこう)、加藤清正、神功(じんぐう)皇后、鯛(たい)抱き、獅子舞(ししまい)、恵比須(えびす)、大黒(だいこく)、汐汲(しおく)み、相撲、三味線持ち、子守など、種類は各地に共通するものが多い。また動物類、箱庭道具、飯事(ままごと)道具、泥面子(どろめんこ)、首人形などの土製玩具(がんぐ)類も登場した。節供物以外には、病難災難除(よ)け、招福開運、五穀豊穣(ほうじょう)、商売繁盛など縁起物も多い。現在でも郷土玩具の中核として伝統を示し、博多(はかた)人形(福岡県)、伏見人形(京都市)、堤(つつみ)人形(宮城県)、今戸(いまど)人形(東京都)、古賀(こが)人形(長崎県)などが知られている。[斎藤良輔]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

土人形の関連キーワード日本土人形資料館長野県中野市中野出雲今市土人形厠の神・廁の神長野県中野市中野の土人形鵜渡川原人形碧南の土人形三春張子人形エストレモス起(愛知県)津屋崎人形嫁入り人形樋渡 ヨシ佐土原人形白井 孝一鵤幸右衛門白井孝一赤坂人形小川セイ

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

土人形の関連情報