コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

人形焼(き) ニンギョウヤキ

デジタル大辞泉の解説

にんぎょう‐やき〔ニンギヤウ‐〕【人形焼(き)】

人体や顔を模した鉄型にカステラ風の生地を流し込み、餡(あん)を入れて焼いた和菓子。東京の日本橋人形町(にんぎょうちょう)で売り出されたのが始まりとされる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

事典 日本の地域ブランド・名産品の解説

人形焼[菓子]
にんぎょうやき

関東地方、東京都地域ブランド
主に台東区・中央区などで製造されている。小麦粉・卵・砂糖をあわせた生地を鋳物の型で焼いた菓子。あん入りとあんなしがある。七福神や浅草雷門ちょうちんなどをかたどったものが多い。名前の由来は中央区日本橋人形町が発祥とされることから。

出典 日外アソシエーツ「事典 日本の地域ブランド・名産品」事典 日本の地域ブランド・名産品について 情報

人形焼(き)の関連キーワード東京都中央区日本橋人形町関東地方帖佐人形下町

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android