コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

帯する タイスル

デジタル大辞泉の解説

たい・する【帯する】

[動サ変][文]たい・す[サ変]
身につける。特に、武器などを腰につける。おびる。「両刀を―・する」
身にそなえる。保持する。
「所帯、所職を―・する程の人の」〈平家・三〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

たいする【帯する】

( 動サ変 ) [文] サ変 たい・す
身につける。特に、武具を身につける。帯びる。 「弓矢を-・する」
持つ。携える。 「十善帝王三種の神器を-・してわたらせ給へば/平家 8

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

帯するの関連キーワードPADIカード《セゾン》アンブロワーズ・パレcooler box運転者家族限定特約共通団体傷害保険バニティーケースタックルボックス農業生産関連事業佐原の山車行事トリコーダーキーホルダー初度登録年月ハンドバッグポケットベル価額協定保険シースナイフ長期保険特約防犯ブザー懐中時計御用提灯

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android