コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

所帯/世帯 ショタイ

2件 の用語解説(所帯/世帯の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

しょ‐たい【所帯/世帯】

《身に帯びているものの意》
一家を構えて独立した生計を営むこと。また、そのくらし向き。せたい。「―が苦しい」
住居や生計を同じくする人たちの集合体。せたい。「女―」「大―」「―数」
所持している財産・領土や、ついている官職など。
「―所職を帯する程の人の」〈平家・三〉

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

しょたい【所帯】

(1)中世,所領や所職((しき))を含めた広い意味での財産をいう。〈所領,所帯〉とあるときは所職のほうに意味がかかり,〈所帯,所職〉とあるときは所領のほうに意味がかかる。もともとは〈所帯の〉という形容詞的用法が主であり,〈個人の帯する所の〉という程度の意味であったが,さらにその帯する所のものとしての名詞的用法が多くなると,中世における所領,所職という財産形態の発展にともなってそれらの財産を指し示すようになった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内の所帯/世帯の言及

【世帯】より

…その結果,本拠世帯から別れて生活している別居家族員についての考察は,戸田によっては十分に展開されることなく残され,第2次大戦後に批判される点となる。 世帯は,明治期における日常用語としての所帯(しよたい)が転化して,一般に使用されるようになったものである。所帯の語源は,鎌倉時代の荘園における土地財産を意味する〈所帯の職(しき)〉の略称とされる。…

【無足人】より

…(1)無足,無足の仁,無足の輩,無足の族(やから),無足衆ともいう。日本中世で主従関係を結びながら知行する所領,所帯を与えられていない下級の家臣。〈足〉は家臣として課役をつとめる義務を負う所領のこと。…

※「所帯/世帯」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

所帯/世帯の関連キーワード御恩敷銭所職認識票譲り状渡り領充て行ふ宛てがい詫磨能秀

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone