コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

帯方 たいほうTaebang

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

帯方
たいほう
Taebang

朝鮮,西海岸中央部 (現黄海道周辺) の古地名。帯方という名称はすでに楽浪郡の属県として『漢書』に現れるが,『三国志魏志東夷伝によると魏 (曹魏) 時代の遼東太守公孫度の子,公孫康は3世紀前半,新興の,濊やの勢力を規制する目的で楽浪郡の南部に新郡を設置した。これが帯方郡である。有名な倭の女王卑弥呼と魏の通交も帯方経由で行われ,広開土王碑によると北上する倭軍と高句麗が帯方周辺で戦ったとされている。帯方郡は公孫氏の滅亡後,魏,次いで晋の支配下におかれたが,313年楽浪郡が高句麗によって陥落するのと前後して韓,濊諸族によって滅ぼされた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

帯方の関連キーワード邪馬台国論争と魏志倭人伝ナムウォン(南原)市智塔里遺跡快天山古墳魏志倭人伝楽浪漢墓新羅文化広開土王百済文化狗邪韓国朝鮮四郡阿知使主金海加羅長寿王末盧国劉仁軌美川王一大率伊都国劉夏

帯方の関連情報