コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

帯水母 オビクラゲ

デジタル大辞泉の解説

おび‐くらげ【帯水母】

オビクラゲ科の有櫛(ゆうしつ)動物。体が平たい帯状のクラゲで、全長約1メートルに達し、寒天質で透明。世界の温水域に広く分布し、浮遊生活をする。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

おびくらげ【帯水母】

有櫛ゆうしつ動物のクラゲ。扁平な帯状で、体長1メートルを超すものもある。体は透明で、縁は淡紅色。海面を浮遊する。暖流域に広く分布。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

帯水母 (オビクラゲ)

学名:Cestum amphitrites
動物。オビクラゲ科のクラゲ

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

帯水母の関連キーワード海面