コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

帯金 オビガネ

デジタル大辞泉の解説

おび‐がね【帯金】

容器などに巻き付ける帯状の金具。「ビヤ樽の帯金
刀を帯に結びつける緒を通すために、鞘(さや)につけてある鐶(かん)。
女帯を結ぶとき、左右を結ぶ代わりに、重ね合わせて挟み留めるのに用いる留め帯挟み

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

おびがね【帯金】

箱などに巻きつけた帯状の金属板。
太刀の鞘さやについている紐ひも通しの環。
女帯をしめるときに用いる金具。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

帯金の関連キーワードアニマル・スタイルルリスターン美術新沢千塚古墳群コドモのコドモカラスク文化百舌鳥古墳群ハッチ(船)稲荷山古墳埼玉古墳群ゲベール銃大飛島遺跡月ノ岡古墳天馬塚古墳山本玄峰桜谷古墳狐山古墳寺家遺跡細金細工帯金遼太新山古墳

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

帯金の関連情報