コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

帰休 キキュウ

デジタル大辞泉の解説

き‐きゅう〔‐キウ〕【帰休】

[名](スル)勤労者が勤務を離れ、一定期間休暇をとること。「一時帰休する」「帰休兵」

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ききゅう【帰休】

( 名 ) スル
家に帰って休息すること。
勤労者が会社の都合で一定期間勤務を離れて家にいること。 → 一時帰休

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

帰休の関連キーワード丘・久・九・仇・休・厩・及・吸・嗅・宮・弓・急・救・旧・朽・柩・毬・求・汲・泣・灸・球・究・穹・窮・笈・糺・糾・級・給・臼・舊・躬・鳩ベル(Heinrich Böll)レイオフ・システムハインリッヒ ベルイ ジョンボム雇用調整助成金合理化反対闘争帝国在郷軍人会紙パルプ工業解雇自由化先任権制度一時帰休制ウェーク島一時解雇制在郷軍人ばら戦争小野岑守一時帰休休業手当帰休制度

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

帰休の関連情報