帰宅困難者対策条例(読み)キタクコンナンシャタイサクジョウレイ

デジタル大辞泉の解説

きたくこんなんしゃたいさく‐じょうれい〔‐デウレイ〕【帰宅困難者対策条例】

大規模災害が発生し、交通機関不通となった場合に、徒歩で容易に帰宅できない人が多数生じることによって、混乱事故が発生するのを防止するために、東京都が制定した条例。災害時にはむやみに移動せず職場や外出先に待機すること、事業所飲料水食糧などを備蓄することなどを求めている。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

正義マン

倫理上問題がある行為などに対して過剰に反応し、正義感を振りかざして騒ぐ人を指すインターネットスラング。2019年10月の消費税増税と軽減税率制度の実施に伴って「イートイン脱税」が発生した際、これを店員...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android