コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

不通 フツウ

2件 の用語解説(不通の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ふ‐つう【不通】

通じないこと。交通・通信などがとだえること。「大雪で国道が不通になる」
便りや行き来のないこと。「音信不通
意味などが、通じないこと。わからないこと。「文意不通
「孔孟の教も、伝来の初には…一切―のものであったに」〈菊池寛蘭学事始
縁を切ること。交際を絶つこと。
「兵吉一生が間―にさしあげ」〈浄・本朝三国志〉
通人ではないこと。野暮なこと。
「―とも見えず又とびきりの大通とは見えねども」〈洒・通点興〉

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ふつう【不通】

通じないこと。交通・通信などが途絶えること。 「台風で東海道線が-になる」 「電話が-だ」
交際がないこと。また、絶交。 「実家とも-だ」 「音信-」 「孫右衛門の家なれども-といひ/浄瑠璃・冥途の飛脚
学問などに通じていないこと。心得がないこと。 「一文-」 「古書に明らかなるのみにして世間-たる学士をや/日本開化小史 卯吉

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

不通の関連情報