コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

不通 フツウ

デジタル大辞泉の解説

ふ‐つう【不通】

通じないこと。交通・通信などがとだえること。「大雪で国道が不通になる」
便りや行き来のないこと。「音信不通
意味などが、通じないこと。わからないこと。「文意不通
「孔孟の教も、伝来の初には…一切―のものであったに」〈菊池寛蘭学事始
縁を切ること。交際を絶つこと。
「兵吉一生が間―にさしあげ」〈浄・本朝三国志〉
通人ではないこと。野暮なこと。
「―とも見えず又とびきりの大とは見えねども」〈洒・通点興〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ふつう【不通】

通じないこと。交通・通信などが途絶えること。 「台風で東海道線が-になる」 「電話が-だ」
交際がないこと。また、絶交。 「実家とも-だ」 「音信-」 「孫右衛門の家なれども-といひ/浄瑠璃・冥途の飛脚
学問などに通じていないこと。心得がないこと。 「一文-」 「古書に明らかなるのみにして世間-たる学士をや/日本開化小史 卯吉

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

不通の関連キーワード南に翔り北に嚮えども寒温を秋雁に付け難し播州平野(宮本百合子の小説)折り返し運転・折返し運転天竜浜名湖鉄道(株)振り替える・振替えるテッド ウィリアムズ三陸鉄道北リアス線帰宅困難者対策条例ハリー コニック三陸鉄道の現況伊賀越道中双六三陸鉄道(株)大井川鉄道折返し運転JR山田線五戸[町]半銭・寸半あめつち神戸電鉄三陸鉄道

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

不通の関連情報