不通(読み)フツウ

デジタル大辞泉の解説

ふ‐つう【不通】

通じないこと。交通・通信などがとだえること。「大雪で国道が不通になる」
便りや行き来のないこと。「音信不通
意味などが、通じないこと。わからないこと。「文意不通
「孔孟の教も、伝来の初には…一切―のものであったに」〈菊池寛蘭学事始
縁を切ること。交際を絶つこと。
「兵吉一生が間―にさしあげ」〈浄・本朝三国志〉
通人ではないこと。野暮なこと。
「―とも見えず又とびきりの大とは見えねども」〈洒・通点興〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ふつう【不通】

通じないこと。交通・通信などが途絶えること。 「台風で東海道線が-になる」 「電話が-だ」
交際がないこと。また、絶交。 「実家とも-だ」 「音信-」 「孫右衛門の家なれども-といひ/浄瑠璃・冥途の飛脚
学問などに通じていないこと。心得がないこと。 「一文-」 「古書に明らかなるのみにして世間-たる学士をや/日本開化小史 卯吉

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

不通の関連情報