不通(読み)フツウ

デジタル大辞泉の解説

ふ‐つう【不通】

通じないこと。交通・通信などがとだえること。「大雪で国道が不通になる」
便りや行き来のないこと。「音信不通
意味などが、通じないこと。わからないこと。「文意不通
「孔孟の教も、伝来の初には…一切―のものであったに」〈菊池寛蘭学事始
縁を切ること。交際を絶つこと。
「兵吉一生が間―にさしあげ」〈浄・本朝三国志〉
通人ではないこと。野暮なこと。
「―とも見えず又とびきりの大通とは見えねども」〈洒・通点興〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ふつう【不通】

通じないこと。交通・通信などが途絶えること。 「台風で東海道線が-になる」 「電話が-だ」
交際がないこと。また、絶交。 「実家とも-だ」 「音信-」 「孫右衛門の家なれども-といひ/浄瑠璃・冥途の飛脚
学問などに通じていないこと。心得がないこと。 「一文-」 「古書に明らかなるのみにして世間-たる学士をや/日本開化小史 卯吉

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ふ‐つう【不通】

〘名〙
① (━する) 通じないこと。また、かよったり通信したりしないでいること。〔色葉字類抄(1177‐81)〕
※日本書紀兼倶抄(1481)「上古は天人龍の三国が語がよう通ぞ。日本の中でも不通ぞ」
※雪国(1935‐47)〈川端康成〉「汽車が度々不通だったらしいね」 〔枕中記〕
② (━する) 縁を切ること。交際を絶つこと。絶縁。絶交。
※日葡辞書(1603‐04)「ハルバル futçǔni(フツウニ) マカリスギ ソロ」 〔春秋公羊伝‐荘公一〇年〕
③ (形動) 物事をよく知らないこと。その道に通じていないこと。心得がないこと。不案内であること。また、そのさま。
洒落本・通言総籬(1787)一「おいらはあの土地におひてはふ通だよ」
④ (形動) (「ぶつう」とも) 不粋(ぶすい)であること。また、そのさま。やぼ。
※洒落本・青楼楽美種(1775)隣座敷「隣へ来ているやつなんざアとんだふつうなやつだぜヱ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

檄を飛ばす

自分の主張や考えを広く人々に知らせ同意を求める。また、それによって人々に決起を促す。飛檄。[補説]誤用が定着して「がんばれと励ます」「激励する文書を送る」という意味でも用いられる。文化庁が発表した「国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

不通の関連情報