帰泉(読み)キセン

大辞林 第三版の解説

きせん【帰泉】

黄泉よみに行くこと。死ぬこと。 -の霊魂は九夜の夢に迷ひにき/海道記

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

き‐せん【帰泉】

〘名〙 黄泉(こうせん)におもむくこと。死去すること。
※吾妻鏡‐文治二年(1186)七月二五日「今日遂以帰泉」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

アノミー

もとは「神法の無視」「無規則性」を意味するギリシア語の anomiaが語源であるが,フランスの社会学者 É.デュルケムが,近代に移行する過程で,それまで人間の行為を規制してきた伝統的価値や,社会的規準...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android