コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

陸機 りくき Lu Ji

5件 の用語解説(陸機の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

陸機
りくき
Lu Ji

[生]永安4(261)
[没]太安2(303)
中国,西晋の文学者。呉 (江蘇省呉県) の人。字,士衡。平原内史の官にあったことから陸平原とも呼ばれる。祖父遜は呉の宰相,父抗は大司馬となった名門の出身。 20歳のとき呉が滅びるとしばらく別荘に引きこもっていたが,太康の末に,弟の陸雲とともに晋に仕えた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

りく‐き【陸機】

[261~303]中国、西晋の文学者。呉郡呉県(江蘇省)の人。字(あざな)は士衡(しこう)。呉の滅亡後、洛陽に入ったが、政争に巻き込まれて殺された。対句の多用と華麗な表現で、詩・賦に佳作を残した。「文賦(ぶんのふ)」は賦の様式による文学論として異色。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

りくき【陸機 Lù Jī】

261‐303
中国,晋の詩人。字は士衡。呉郡呉(江蘇省)の人。呉の名門貴族の家に生まれたが,若いころ呉の滅亡に際会したため,かつての敵国晋の都洛陽に上り,周囲との異和感にたえつつ,当代随一の詩人として大成した。典故や対句などの技法を駆使した幅広い創作活動は,六朝修辞主義文学の先導者の役割を果たした。美文形式の文学論〈文賦(ぶんのふ)〉はことに名高い。八王の乱の渦中に巻きこまれ,殺された。【興膳 宏】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

りくき【陸機】

261~303) 中国、晋しんの詩人。呉の人。字あざなは士衡。文学論「文賦ぶんのふ」で唯美主義を唱え、対句などの修辞に優れた詩を残す。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

陸機
りくき
(261―303)

中国、西晋(せいしん)の文人。字(あざな)は士衡(しこう)。呉郡華亭(ごぐんかてい)(江蘇(こうそ)省松江県)の出身。祖父は宰相、父は大司馬(だいしば)になった名門の生まれ。弟の陸雲(りくうん)(262―303)も文才があり、ともに「二陸」といわれた。その時代まで沈黙していた呉出身の詩人が台頭してきたことは注目すべきである。20歳のとき、祖国呉が滅びたので、故郷に隠栖(いんせい)することおよそ10年、のち弟とともに洛陽(らくよう)に出て、文壇の長老張華(ちょうか)に認められ、その推薦で官吏となり、累進して平原内史となった。「八王の乱」の世相のなかで、成都王司馬穎(しばえい)に仕え、大軍を統率して長沙(ちょうさ)王司馬乂(しばがい)と戦って大敗し、讒言(ざんげん)にあって弟とともに殺された。張華に、詩才がありすぎると評されるほどの天才的作家であり、経世の才もあって『弁亡(べんぼう)論』『五等諸侯論』にその見識を示している。「文賦(ぶんのふ)」は、作品の理想を述べた文学論で注目すべきもの。その詩は対句を用い修辞に富み、斉梁(せいりょう)文学の先駆けとなっている。『陸機集』10巻があった。『晋書』54に伝がある。[小尾郊一]
『興膳宏著『中国詩文選10 潘岳・陸機』(1973・筑摩書房) ▽後藤秋正著『陸機詩索引』(1976・松雲堂出版) ▽佐藤利行著『西晋文学研究――陸機を中心として』(1995・白帝社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の陸機の言及

【楽府】より

… 3世紀後半に至り,西晋の宮廷では,先朝の魏の楽歌のうち,相和歌と清調曲・平調曲・瑟(しつ)調曲(清商三調という)をうけ継ぐとともに,別に漢・魏の古曲を拾い上げ,大曲と名づけて,宮廷音楽に編入した。それらの古曲が歌唱されるにつれて,宮廷詩人の傅玄(ふげん)・陸機は,それらを主題にした歌詞を作った。かくて,史上初めて,漢・魏の古曲および詩人の主題にした作詞が〈がふ〉と呼ばれるに至った。…

【中国文学】より

…三国以後も賦の制作はさかんで,文人たちはこのジャンルに全力を傾けた。題材はますます広くなり,陸機の〈文の賦〉のごとく文学の理論をこの形式で説いたものがあり,陶潜(淵明)でさえ,彼にはめずらしく美女を描く〈閑情の賦〉を作ったほどである。庾信(ゆしん)の〈哀江南の賦〉は多量の典故を用いて,南朝の滅亡をうたった壮大な叙事詩というべき大作であった。…

※「陸機」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

陸機の関連キーワード張益沈士充呉椿許渾黄炎培江蘇省鮑照陸亀蒙皇侃清江(中国江蘇省)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

陸機の関連情報