コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

常呂[町] ところ

世界大百科事典 第2版の解説

ところ【常呂[町]】

北海道北東部,網走支庁常呂郡の町。人口5406(1995)。地名はアイヌ語の〈ト・コロ・ペツ〉に常呂の文字を当てたもので,〈湖(沼)をもつ川〉の意味である。北はオホーツク海に面し,常呂川の下流域に位置する町で,サロマ湖北東部を含む。常呂川河口地帯の台地や砂丘上に縄文期,続縄文期,擦文(さつもん)文化期の遺跡やオホーツク文化の住居跡を含む常呂遺跡(史)が残る。幕末にすでに漁場がおかれ,沿岸部に和人が入地していたが,本格的な開拓は1891年ころから始まり,98年には岐阜団体の移住が行われた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone