コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

常呂川 ところがわ

6件 の用語解説(常呂川の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

常呂川
ところがわ

北海道北東部を流れる川。石狩山地三国山北東斜面に源を発し,北見盆地無加川を合流し,常呂町でオホーツク海に注ぐ。全長 120km。オホーツク海に流入する河川のうち最も長い。上流域は林業,中流域は畑作,酪農,米作が行われる

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ところ‐がわ〔‐がは〕【常呂川】

北海道北東部を流れる川。石狩山地の三国山(標高1541メートル)に源を発し、北見市でオホーツク海に注ぐ。長さ120キロ。上流は森林が豊富、中流域は北見盆地で農業地帯。河口からサロマ湖にのびる砂丘上に常呂遺跡がある。秋にはサケが遡上(そじょう)する。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

常呂川【ところがわ】

北海道東部の川。長さ120km,流域面積1930km2石狩山地東部に発して北東流し,常呂町(現・北見市)でオホーツク海に注ぐ。無加川と合流する北見市付近では段丘を発達させ,下流部は沖積地を形成。
→関連項目置戸[町]北見盆地常呂[町]

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ところがわ【常呂川】

北海道北東部,石狩山地の三国山(1541m)に源を発し,オホーツク斜面を北東に流れ,北見市で無加(むか)川を合わせ,常呂町でオホーツク海に注ぐ川。幹川流路延長120km,全流域面積1930km2。北見・網走地方最大の河川である。中流の肥沃な沖積地の北見盆地は日本最東端の米作地帯である。河川の水は北見地方の上水道として,また食料品工業の用水として利用される。下流部では海岸砂丘の内側に沖積平野を発達させ,テンサイジャガイモなどの畑作が行われる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本の地名がわかる事典の解説

〔北海道〕常呂川(ところがわ)


北海道東部、オホーツク総合振興局管内を流れる同管内最大の河川。1級河川(常呂川水系)。延長120km。北海道中央部の石狩(いしかり)山地の三国(みくに)山東麓(とうろく)に源を発し、北東流して北見(きたみ)盆地を流れオホーツク海に注ぐ。流域面積1930km2。北見盆地の上水道源・灌漑(かんがい)に利用される。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

常呂川
ところがわ

北海道北東部、石狩山地の三国(みくに)山東斜面に発し、東流、北流して北見(きたみ)市北東部でオホーツク海に注ぐ川。一級河川。途中、仁居(にい)常呂川、無加(むか)川、訓子府(くんねっぷ)川などをあわせる。延長120キロメートル、流域面積1930平方キロメートル。網走(あばしり)地方最大の川である。中流域の無加川との合流点一帯に肥沃(ひよく)な沖積地北見盆地を形成して、農地が広がり水田の北限地となっている。また下流部の海岸砂丘内側の沖積平野は畑作地、酪農地となっている。河川水は北見地方の上水道、工業用水、灌漑(かんがい)用水に利用される。河口近くにマスとサケの孵化(ふか)場がある。[岡本次郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の常呂川の言及

【常呂[町]】より

…地名はアイヌ語の〈ト・コロ・ペツ〉に常呂の文字を当てたもので,〈湖(沼)をもつ川〉の意味である。北はオホーツク海に面し,常呂川の下流域に位置する町で,サロマ湖北東部を含む。常呂川河口地帯の台地や砂丘上に縄文期,続縄文期,擦文(さつもん)文化期の遺跡やオホーツク文化の住居跡を含む常呂遺跡(史)が残る。…

※「常呂川」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

常呂川の関連キーワード石狩山地北見山地北見盆地十勝川十勝利別川北海道石狩郡北海道石狩市志美端野〈町〉北海道北斗市中山北海道北斗市野崎

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

常呂川の関連情報