北見[市](読み)きたみ

百科事典マイペディアの解説

北見[市]【きたみ】

北海道北東部の市。1942年市制。市域はオホーツク海に注ぐ常呂(ところ)川下流部ではサロマ湖に接し,中流の北見盆地とその周辺山地を占め,石北本線,十勝オホーツク自動車道が通じる。屯田兵開拓に始まり,盆地底は水田となり,段丘面や緩斜面に広い畑がある。米,タマネギ,ジャガイモ,雑穀を産し,市街地では製粉,アルコール,乳製品,製糖などの農産加工,パルプ用材,合板などの木材工業が盛んである。かつてはこの付近一帯はハッカの大産地で世界市場の7割も占めていたが,第2次大戦後,輸入の合成ハッカの市場進出におされ,タマネギの主産地に転換した。旧ハッカ工場の一部に北見ハッカ記念館がある。2006年3月常呂郡常呂町,留辺蘂町,端野町を編入。1427.41km2。12万5689人(2010)。
→関連項目北見工業大学北見盆地

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

きたみ【北見[市]】

北海道北東部の市。1942年野付牛(のつけうし)町が改称,市制。人口11万0452(1995)。北見盆地の中心に位置し,常呂(ところ)川と無加川合流点に発達した地方中心都市で,1897年キリスト教徒を幹部とする土佐の移民団体北光社がこの地に入植し,開拓を始めた。また97年から翌98年にかけて根室から約600戸の屯田兵が入植し,本格的な開拓が進められた。盆地の中心に位置することから道路交通,鉄道交通の要地となり,第2次大戦前後から人口が急増した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android