サロマ湖(読み)サロマこ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

サロマ湖
サロマこ

北海道北東部,オホーツク海岸にある。面積 151.9km2。周囲 87km。最大水深約 20m。琵琶湖,霞ヶ浦に次ぐ日本第3の大湖。細長い砂州で海と隔てられ,三里浜 (湧別町) ,ワッカ (北見市) の2ヵ所にある人工排水口で海とつながっている。汽水湖でカキ,ホタテガイ,ノリの養殖が行なわれ,海面養殖北限となっている。サケ,マス,ワカサギの孵化事業もみられる。短小なカシワ原始林が繁茂する砂州を背景とした湖の風景は荒涼かつ雄大で,網走国定公園に属する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

サロマ湖【サロマこ】

北海道網走地域にあり,約25kmの砂州でオホーツク海と隔てられた潟湖。面積151.59km2で,北海道最大,日本第3。最深19.6m。カキ・ホタテガイを養殖。網走国定公園に属し,砂州にはカシワ林が散在,花園がある。
→関連項目海跡湖佐呂間[町]常呂[町]湧別[町]

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

サロマこ【サロマ湖】

北海道北東部,オホーツク海岸にある塩湖。面積151.7km2で,琵琶湖,霞ヶ浦に次ぐ日本第3の湖である。周囲72km,最大深度19.6m。1月上旬から3月上旬まで全湖面が結氷する。延長30km,幅200~700mの砂州(さす)が内湾外海とを隔てている潟湖で,かつては湖の東端部の鐺沸(とうふつ)付近で海に通じ,毎年冬季の流砂によって閉じられていたが,1929年砂州の中央部を掘削して開口した。これによって湖水と外海水との交換が活発となり,外海性の魚類が入った。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔北海道〕サロマ湖(サロマこ)


北海道北東部、オホーツク海沿岸にある潟湖(せきこ)。面積150.4km2は日本第3位。全長27kmの砂州で海と隔てられ、2ヵ所の人工潟口で海と通じる汽水湖。ホタテガイ・カキの養殖のほか、ワカサギ・ソイ・カレイなどの漁獲がある。砂州には原生花園、南岸にはアッケシソウ群生地が点在。湖畔で潮干狩りもできる。網走(あばしり)国定公園の一部。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

サロマ湖
さろまこ

北海道北東部、オホーツク海岸にある塩水湖。湖名はアイヌ語のサル・オマ・トー(葭原(よしはら)にある湖)の意。面積151.82平方キロメートルで、琵琶(びわ)湖、霞ヶ浦(かすみがうら)に次ぐ。周囲92キロメートル、最大深度19.6メートル。延長30キロメートル、幅200~700メートルの砂嘴(さし)によってオホーツク海と隔てられている潟湖(せきこ)で、かつては東端の鐺沸(とうふつ)付近で海に通じ、冬季は流砂で閉じられていたが、1929年(昭和4)砂嘴の中央に約300メートルの開口部が掘削された。これによって湖水と海水との交換が活発となり、外海の魚類が入り、またホタテガイ生育の適地となった。現在ホタテガイのほか、カキ、ホッカイシマエビ、ウニの養殖が行われる。網走(あばしり)国定公園に指定され、さんご岬、キムアネップ岬などにはアッケシソウ(ヤチサンゴ)の群落がある。1月上旬から3月上旬まで全湖面が結氷する。[岡本次郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

スロースリップ

地球の表面を構成するプレートの境界面において、プレートがゆっくりと滑って移動する現象。この移動が一気に起きるとプレート境界地震になる。プレートどうしが強く固着した、アスペリティーと呼ばれる領域以外で生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

サロマ湖の関連情報