コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サロマ湖 サロマこ

7件 の用語解説(サロマ湖の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

サロマ湖
サロマこ

北海道北東部,オホーツク海岸にある。面積 151.9km2。周囲 87km。最大水深約 20m。琵琶湖霞ヶ浦に次ぐ日本第3の大湖。細長い砂州で海と隔てられ,三里浜 (湧別町) ,ワッカ (北見市) の2ヵ所にある人工排水口で海とつながっている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

サロマ‐こ【サロマ湖】

北海道北東部、オホーツク海沿岸の潟湖(せきこ)。塩湖。日本第3の大湖で、面積151.6平方キロメートル網走国定公園の一部。
[補説]「佐呂間湖」「猿澗湖」とも書く。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

サロマ湖【サロマこ】

北海道網走地域にあり,約25kmの砂州でオホーツク海と隔てられた潟湖。面積151.59km2で,北海道最大,日本第3。最深19.6m。カキ・ホタテガイを養殖。
→関連項目海跡湖佐呂間[町]常呂[町]湧別[町]

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル大辞泉プラスの解説

サロマ湖

北海道常呂郡佐呂間町にある道の駅。国道238号に沿う。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

サロマこ【サロマ湖】

北海道北東部,オホーツク海岸にある塩湖。面積151.7km2で,琵琶湖,霞ヶ浦に次ぐ日本第3の湖である。周囲72km,最大深度19.6m。1月上旬から3月上旬まで全湖面が結氷する。延長30km,幅200~700mの砂州(さす)が内湾と外海とを隔てている潟湖で,かつては湖の東端部の鐺沸(とうふつ)付近で海に通じ,毎年冬季の流砂によって閉じられていたが,1929年砂州の中央部を掘削して開口した。これによって湖水と外海水との交換が活発となり,外海性の魚類が入った。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本の地名がわかる事典の解説

〔北海道〕サロマ湖(サロマこ)


北海道北東部、オホーツク海沿岸にある潟湖(せきこ)。面積150.4km2は日本第3位。全長27kmの砂州で海と隔てられ、2ヵ所の人工潟口で海と通じる汽水湖。ホタテガイ・カキの養殖のほか、ワカサギ・ソイ・カレイなどの漁獲がある。砂州には原生花園、南岸にはアッケシソウ群生地が点在。湖畔で潮干狩りもできる。網走(あばしり)国定公園の一部。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

サロマ湖
さろまこ

北海道北東部、オホーツク海岸にある塩水湖。湖名はアイヌ語のサル・オマ・トー(葭原(よしはら)にある湖)の意。面積151.82平方キロメートルで、琵琶(びわ)湖、霞ヶ浦(かすみがうら)に次ぐ。周囲92キロメートル、最大深度19.6メートル。延長30キロメートル、幅200~700メートルの砂嘴(さし)によってオホーツク海と隔てられている潟湖(せきこ)で、かつては東端の鐺沸(とうふつ)付近で海に通じ、冬季は流砂で閉じられていたが、1929年(昭和4)砂嘴の中央に約300メートルの開口部が掘削された。これによって湖水と海水との交換が活発となり、外海の魚類が入り、またホタテガイ生育の適地となった。現在ホタテガイのほか、カキ、ホッカイシマエビ、ウニの養殖が行われる。網走(あばしり)国定公園に指定され、さんご岬、キムアネップ岬などにはアッケシソウ(ヤチサンゴ)の群落がある。1月上旬から3月上旬まで全湖面が結氷する。[岡本次郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

サロマ湖の関連キーワードオホーツク海高気圧網走紋別ОхотскFMオホーツクオホーツクビールオホーツク紋別北海道網走市北海道紋別郡雄武町北海道オホーツク〈総合振興局〉

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

サロマ湖の関連情報