硬葉樹林(読み)こうようじゅりん

日本大百科全書(ニッポニカ)「硬葉樹林」の解説

硬葉樹林
こうようじゅりん

常緑硬葉をもつ高木または低木の群落。亜熱帯乾の地域に発達する常緑広葉樹林、照葉林(照葉樹林)に近似するが、樹木の葉は小さくて硬く、乾燥に対する耐性が強い。地中海沿岸、カリフォルニア、南アフリカのケープ地方、オーストラリアの南西部にみられる。地中海沿岸では日本のウバメガシに近縁のイレックスガシの林が中心であるが、伐採、野火、放牧などによって破壊され、高さ1メートル以下のコッキフェラガシなどの低小な硬葉樹の群落に退行している所が多い。中近東とイベリア半島では樹種がさらに多い。カリフォルニアでもイレックスガシ近似の常緑のカシの林が主体で、これも野火で破壊されるとチャパラルとよばれる低木林に退行する。ケープ地方ではプロテア、ロイコデンドロンなどのヤマモガシ科の樹木が多く、オーストラリア南西部でもバンクシアなどのヤマモガシ科の種類が多い。硬葉樹林帯はどこでも植物の種類が多く、固有種に富んでいる。

[大場達之]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「硬葉樹林」の解説

硬葉樹林
こうようじゅりん
sclerophyllous forest; durilignosa

夏季に雨量が少なく高温乾燥,冬季にやや低温で雨量が多い暖温帯に発達する森林。「かたば」樹林とも読む。高木林と低木林があり,後者は特に乾地性でマキに近い。常緑広葉樹(→常緑樹広葉樹林)からなり,は小型で厚く硬く革状,幹は比較的短くて太い。樹皮のコルク層の発達の著しいものもあり,耐乾性の強い構造を示す。地中海沿岸のコルクガシオリーブゲッケイジュツゲ類を主とするものが最も著しく,南アフリカ共和国のケープ地方のヤマモガシ科,オーストラリア南西部のユーカリトキワギョリュウ,北アメリカ,カリフォルニアのカシ類,ヤマモガシ科のものなどがある。西南日本の海岸に生育するウバメガシ林は,景観的にこれに近い。(→群系

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

精選版 日本国語大辞典「硬葉樹林」の解説

こうようじゅ‐りん カウエフ‥【硬葉樹林】

〘名〙 硬葉樹を主体とした森林。夏季降雨量が少なく、乾燥する暖帯や温帯に分布する。地中海沿岸のコルクガシ林など。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の硬葉樹林の言及

【植生】より

…熱帯季節林(熱帯雨緑林)は,乾燥度が強まるにつれて,巨大高木層がなくなり,乾季に上層だけが落葉するものから全体が落葉するものに変わる。湿潤な暖温帯には優占種のある常緑広葉樹林が成立し,大陸東岸の夏雨気候は照葉樹林で,西岸の冬雨気候は硬葉樹林となる。熱帯の乾燥帯では,温帯での草本とは異なり,とげ低木が優占する。…

【森林】より

…熱帯の山地にみられるこれと同様の森林は山地多雨林montane rain forestといわれ,きわめて多湿で枝や樹幹にはコケなどが密生し,雲霧林cloud forestあるいはコケ林mossy forestともよばれる。 硬葉樹林sclerophyllus forest夏季は降水が少なくて乾燥し,冬季は低温であるが雨の多い気候下でみられる森林である。葉は小型革質で厚く堅い。…

※「硬葉樹林」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

動員令

〘名〙 旧制で、戦時または事変に際し、在郷軍人を召集する命令。※東京朝日新聞‐明治三七年(1904)二月四日「隠密に本国に於ては数個軍団に動員令を布きたる形跡あり」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android