コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

常見浩斎 つねみ こうさい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

常見浩斎 つねみ-こうさい

1746-1836* 江戸時代中期-後期の儒者。
延享3年生まれ。上野(こうずけ)(群馬県)伊勢崎藩士。小松原醇斎らにまなぶ。足軽から代官副役にすすむが,ねたまれて藩を追われる。のち召還されて藩校学習堂奉行兼学頭をつとめ,大目付にすすんだ。天保(てんぽう)6年12月26日死去。90歳。名は一之。字(あざな)は子寛。通称は要蔵,五作。別号谷水著作に「天明追懐録」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

常見浩斎の関連キーワード常見一之儒者

今日のキーワード

荒らげる

[動ガ下一][文]あらら・ぐ[ガ下二]声や態度などを荒くする。荒々しくする。「言葉を―・げる」[補説]文化庁が発表した平成22年度「国語に関する世論調査」では、本来の言い方とされる「声をあららげる」を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android