常\恒の産(読み)つねのさん

  • つね
  • の 産(さん)
  • 常・恒

精選版 日本国語大辞典の解説

(「恒産(こうさん)」の訓読み)
① 一定の職業または資産。安定した職または財産。
※徒然草(1331頃)一四二「人、恒の産なき時は、恒の心なし」
② 転じて、当然のこと。あたりまえのこと。
※談義本・教訓雑長持(1752)三「其座を離て、其人さへ居ねば謗るが、恒(ツネ)の産(サン)となりぬ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

マラドーナ

[生]1960.10.30. ブエノスアイレスアルゼンチンのサッカー選手。アルゼンチンリーグ 1部に史上最年少の 15歳でデビュー。代表チームにも 16歳4ヵ月の最年少デビューを果たした。1979年,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android