コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

無人岩 ブニンガン

3件 の用語解説(無人岩の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ぶにん‐がん【無人岩】

ボニナイト

むにん‐がん【無人岩】

ボニナイト

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

岩石学辞典の解説

無人岩

ガラス質の安山岩で,高マグネシア安山岩の組成を持つ火山岩古銅輝石bronzite),橄欖(かんらん)石,オージャイトの斑晶があり,石基にはガラスが多く,アンデシン,斜方輝石,ときに橄欖石,単斜輝石の微斑晶を持っている.ガラスは晶子(crystallite)からなり,組成的にはラブラドライトと石英に相当する[Petersen : 1891].小笠原諸島(Bonin islands)に因む.

出典|朝倉書店
岩石学辞典について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

無人岩の関連情報