コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

幟仁親王 タカヒトシンノウ

4件 の用語解説(幟仁親王の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

たかひと‐しんのう〔‐シンワウ〕【幟仁親王】

[1812~1886]有栖川(ありすがわ)宮韶仁(つなひと)親王の第1王子。明治天皇の書道・歌道の師範を務めた。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

幟仁親王

没年:明治19.1.24(1886)
生年:文化9.1.5(1812.2.17)
幕末維新期の親王。有栖川宮韶仁親王の子。文政5(1822)年光格上皇の猶子となり,翌年,親王宣下。書道,歌道に優れ,祐宮(明治天皇)の師範となった。元治1(1864)年,子息の有栖川宮熾仁親王と共に国事御用掛となるが,禁門の変後,長州藩内通の嫌疑を受けて罷免され,参朝停止および他人面会・他行禁止となる。慶応3(1867)年,国事御用掛に復任するが,政争への関与を嫌って直ちに辞退。維新後は,おもに神祇関係の要職を歴任した。<著作>『幟仁親王日記』全4巻<参考文献>『幟仁親王行実』

(箱石大)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

たかひとしんのう【幟仁親王】

1812~1886) 有栖川宮第八代。韶仁つなひと親王第一皇子。議定官、神祇官事務局総督などを歴任。和歌・書道に優れ明治天皇の師範となった。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

幟仁親王の関連キーワード有栖川宮織仁親王有栖川宮韶仁親王有栖川宮慰子妃有栖川宮幸仁親王有栖川宮音仁親王有栖川宮幟仁親王有栖川宮妃広子有馬韶子円禧上人済仁法親王

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone