コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

平佐帯刀 ひらさ たてわき

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

平佐帯刀 ひらさ-たてわき

?-? 江戸時代中期の神職。
備後(びんご)(広島県)神辺(かんなべ)大明神(現天別豊姫(あまわけとよひめ)神社)の祠官(しかん)。安永(1772-81)のころ老中田沼意次(おきつぐ)の用人となった姻戚(いんせき)の三浦庄二に縁者たちはたよったが,帯刀はかかわりをもたず,田沼失脚後の災いをまぬかれた。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

平佐帯刀の関連キーワード鈴鹿秀満神職備後