コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

神辺 かんなべ

4件 の用語解説(神辺の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

神辺
かんなべ

広島県南東部,福山市北東部の旧町域。福山平野の北東部に位置する。 1927年町制施行。 1954年御野村,竹尋村,湯田村,中条村,道上村の5村と合体。 2006年福山市に編入。中心集落の神辺は中世には城下町として,江戸時代には山陽道の宿駅として本陣,脇本陣も設けられて繁栄。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

かんなべ【神辺】

広島県福山市の地名。旧町名。戦国時代は城下町。山陽道の宿駅として発展。備後絣(びんごがすり)の産地。現在は縫製工業が盛ん。菅茶山(かんさざん)の開いた廉塾など史跡が多い。平成18年(2006)福山市に編入。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

かんなべ【神辺】

広島県南東部、福山市の地名。古くは備後国の中心、近世は山陽道の宿駅として栄えた。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

神辺
かんなべ

広島県東部、深安(ふかやす)郡にあった旧町名(神辺町(ちょう))。現在は福山(ふくやま)市の一地区。旧神辺町は1927年(昭和2)町制施行。1954年御野(みの)、竹尋(たけひろ)、湯田、中条(ちゅうじょう)、道上(みちのうえ)の5村を合併。2006年(平成18)福山市に編入。JR福塩(ふくえん)線、井原(いばら)鉄道、国道182号、313号、486号が通じ、福山市の中心市街地から電車・バスとも20分の距離にある。備後(びんご)の機業地帯の一部をなし、かつては備後絣(かすり)、現在は化繊織物やデニム縫製などの繊維工業が盛んである。金属工業や機械工業も伸びており、福山中心部へのベッドタウン化が進んでいる。また、米作やモモの栽培が盛んである。江戸時代には山陽道の宿駅であったので、神辺本陣(県史跡)など当時の町並みが残り、歴史的都市景観として保存の動きもある。江戸時代の儒者菅茶山(かんさざん)の出身地で、「廉(れん)塾ならびに菅茶山旧宅」は国の特別史跡に指定され、菅茶山記念館もつくられている。このほか亀山弥生式遺跡、備後国分寺跡、南北朝時代の神辺城跡など史跡に富み、神辺城跡近くに福山市歴史民俗資料館がある。大原池や吉野山公園はサクラの名所。[北川建次]
『『神辺町史』(1972・神辺町)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

神辺の関連情報