コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大明神 ダイミョウジン

デジタル大辞泉の解説

だい‐みょうじん〔‐ミヤウジン〕【大明神】

神号の一。神名の下につけ、明神をさらに尊んでいう称。「稲荷(いなり)大明神
人名・事物名などの下につけ、それを神に見立て、強い願望や祈念を表す。親しみをこめたからかいの意で用いられることもある。「かかあ大明神

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

だいみょうじん【大明神】

「明神」をさらに尊んだ言い方。 「正一位稲荷いなり-」
名詞の下に付けて、敬意・尊崇・願望、ときにおどけた気持ちを表す。 「かかあ-」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の大明神の言及

【明神】より

…神の尊称の一つで,神威明らかな意。同音の名神に代わって9世紀半ばころから使われるようになったが,名神が《延喜式》臨時祭の条にいう名神祭にまつられる特定の神格に限っての称であるのに対して,明神号には祭祀上の限定はなく,近世には神祇伯を名のる吉田家が私に明神(または大明神)号を乱発するにいたっている。しかし記録の上では,《日本後紀》弘仁5年(814)9月15日条に豊稔を感謝して〈明神〉に奉幣したとあるのが初見で,その後《続日本後紀》承和10年(843)4月の条に山埼神が〈名神〉にあずかったとありながら,同15年(848)3月の条には同神を〈山埼明神〉と記しており,また嘉祥1年(848)11月の条には隠岐国伊勢命神がよく霊験を示すので〈明神〉に列せられたとあるなど,当初は従来の〈名神〉との混用があって同義であったらしい。…

※「大明神」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

大明神の関連キーワード鹿児島県薩摩川内市上甑町中甑神奈川県三浦郡葉山町堀内金精神・根精神・金勢神宮城県刈田郡蔵王町宮大阪府堺市美原区大保千葉県佐倉市大佐倉山形県長井市草岡一之宮貫前神社駒ヶ岳(福島)忠子女王(2)伊佐須美神社由良比女神社鳥居を越す大山祇神社伊奈波神社地主の神三嶋大社談山神社寒川神社高階隆盛

大明神の関連情報