コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

平出隆 ひらいで たかし

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

平出隆 ひらいで-たかし

1950- 昭和後期-平成時代の詩人,評論家。
昭和25年11月21日生まれ。河出書房新社につとめるかたわら詩作をつづけ,昭和51年第1詩集「旅籠屋(はたごや)」,57年評論集「破船のゆくえ」を発表。59年,語と語の緻密繊細な組み合わせで非日常的感覚世界をきずきあげた詩集「胡桃(くるみ)の戦意のために」で芸術選奨新人賞。平成6年随筆「左手日記例言」で読売文学賞。10年多摩美大教授。16年「伊良子清白」で芸術選奨文部科学大臣賞。福岡県出身。一橋大卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

平出隆の関連キーワード河野道代昭和

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android