コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

破船 ハセン

デジタル大辞泉の解説

は‐せん【破船】

難破した船。難破船
[補説]書名別項。→破船

はせん【破船】[書名]

久米正雄の小説。大正11年(1922)「主婦之友」誌に連載。単行本は前後2巻で、同年前編、大正12年(1923)に後編を出版。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

はせん【破船】

座礁や荒天などで船が破壊されること。また、その船。難破船。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の破船の言及

【海損】より

…江戸時代には運賃積運送をもっぱら行った菱垣(ひがき)・樽廻船において,この制度が確立し,最も厳格に行われた。その慣習法によると,廻船積合の荷主は,打荷の場合のみならず,破船の場合も海損を負担した。そして,打荷による海損の分担を振合力といい,破船による海損の分担を振分散と称した。…

【海難】より

…一方,海難によって生じた財産上の損害を塡補(てんぽ)するために海上保険の制度があるが,その源流はギリシア・ローマ時代にまでさかのぼり,各種の現代的保険の母体をなすとされている。【佐藤 幸夫】
[江戸時代の海難]
 江戸時代の海難を当時の用語に従って挙げれば,破船(難破),難船(難航して船体・積荷に被害があること),膠船(座礁),水船(浸水),沈船(沈没),当逢(あたりあい)(衝突),打揚げ,行方不明等である。このほか広義には,敵艦船の攻撃・拿捕(だほ),沿岸民の占取・略奪,海賊・盗賊の襲撃・強奪,失火・自然発火による火災,不法行為による打荷(うちに)・窃盗等が含まれる。…

※「破船」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

破船の関連キーワード把・播・波・派・爬・破・覇・霸レッドベイのバスク人捕鯨基地キャスリーン・M. ペイトントレジャーハンティンググラント船長の子供たちアドリエンヌ リッチマルチビーム測深機海に生くる人々岩松助左衛門琉米修好条約日英和親条約三津木 春影ロード・ジムロード・ジム韓米通商条約小林 政治中内 蝶二アネガダ島水中考古学ひかりごけ

今日のキーワード

テロ支援国家

国際的なテロリズム組織を資金や物資などの面から援助している国家。[補説]特に、米国国務省が作成する報告書で指定を受けた、イラン・スーダン・シリアの3か国のこと。北朝鮮は1988年1月に指定、2008年...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

破船の関連情報