破船(読み)ハセン

大辞林 第三版の解説

はせん【破船】

座礁や荒天などで船が破壊されること。また、その船。難破船。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

は‐せん【破船】

[1] 〘名〙 荒天座礁または船体の不備、運航の誤りなどで船が壊れること。また、その船。近世の海事用語としては、船が使えなくなる程度に破壊された場合をいう。難破船。
本朝無題詩(1162‐64頃)五・閑居述懐〈藤原周光〉「群羽遷来窮鳥老、千帆行尽破船沈」 〔魏志‐東沃沮伝〕
[2] 小説。久米正雄作。大正一一~一二年(一九二二‐二三)発表。恩師勝見漾石(ようせき)の娘冬子への恋に破れる小野とライバル杉浦の葛藤を描く。作者が夏目漱石の長女筆子に対して松岡譲と恋を争って破れた事件に基づく。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の破船の言及

【海損】より

…江戸時代には運賃積運送をもっぱら行った菱垣(ひがき)・樽廻船において,この制度が確立し,最も厳格に行われた。その慣習法によると,廻船積合の荷主は,打荷の場合のみならず,破船の場合も海損を負担した。そして,打荷による海損の分担を振合力といい,破船による海損の分担を振分散と称した。…

【海難】より

…一方,海難によって生じた財産上の損害を塡補(てんぽ)するために海上保険の制度があるが,その源流はギリシア・ローマ時代にまでさかのぼり,各種の現代的保険の母体をなすとされている。【佐藤 幸夫】
[江戸時代の海難]
 江戸時代の海難を当時の用語に従って挙げれば,破船(難破),難船(難航して船体・積荷に被害があること),膠船(座礁),水船(浸水),沈船(沈没),当逢(あたりあい)(衝突),打揚げ,行方不明等である。このほか広義には,敵艦船の攻撃・拿捕(だほ),沿岸民の占取・略奪,海賊・盗賊の襲撃・強奪,失火・自然発火による火災,不法行為による打荷(うちに)・窃盗等が含まれる。…

※「破船」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

翔んで埼玉

魔夜峰央(まやみねお)によるギャグマンガ、及び、それを基にした映画作品。埼玉県民が東京都民に虐げられる架空の日本を舞台に、埼玉県解放を目指す人々の愛と戦いを描く。「花とゆめ」(白泉社)の1982年冬の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

破船の関連情報