コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

伊良子清白 いらこせいはく

7件 の用語解説(伊良子清白の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

伊良子清白
いらこせいはく

[生]1877.10.4. 鳥取,曳田
[没]1946.1.10. 三重,七保
詩人,医者。本名,暉造 (てるぞう) 。別号,すずしろのや。 1899年京都府立医学校卒業。伝染病研究所などに学んだのち日本赤十字病院に勤務。医学校在学中から河井酔茗横瀬夜雨らと関西での詩歌革新運動に参加し「文庫派」の三羽烏と称された。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

いらこ‐せいはく【伊良子清白】

[1877~1946]詩人。鳥取の生まれ。本名、暉造(てるぞう)。別号、すずしろのや。文庫派詩人の一人。詩集「孔雀船」がある。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

伊良子清白【いらこすずしろ】

詩人。本名暉造(てるぞう)。鳥取県生れ。〈いらこせいはく〉とも。京都府立医学校卒。河井酔茗横瀬夜雨と並んで《文庫》派を代表する詩人。高踏的詩風で幻想神秘の世界を表現し,1906年刊行の詩集《孔雀船》は高く評価される。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

伊良子清白 いらこ-せいはく

1877-1946 明治時代の詩人。
明治10年10月4日生まれ。京都府立医学校在学中から「文庫」派の詩人として活躍。明治39年唯一の詩集「孔雀船(くじゃくぶね)」を刊行。以後詩作をたち,医業に専念した。昭和21年1月10日死去。70歳。鳥取県出身。本名は暉造(てるぞう)。別号にすずしろのや。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版の解説

いらこすずしろ【伊良子清白】

1877‐1946(明治10‐昭和21)
明治期の詩人。鳥取県の生れ。本名暉造(てるぞう)。清白は一般に〈せいはく〉とも読まれているが,もともと筆名を〈すずしろのや〉と称し,後に清白と改めたもの。京都府立医学校卒。在学中から詩作し《文庫》の詩人として注目される。上京して医務のかたわら勉学と鏤骨(るこつ)の詩作に励み,詩集《孔雀船(くじやくぶね)》(1906)を刊行。200編から18編を自ら厳選しただけに繊細華麗な幻想の詩風は完成度が高く,自らに厳しい清白の芸術的態度をもたたえている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

いらこせいはく【伊良子清白】

1877~1946) 詩人。鳥取県生まれ。本名、暉造。別号、すずしろのや。京都府立医学校卒。幻想的神秘的かつ精妙な象徴詩人として「文庫」派の中心的存在であった。詩集「孔雀船」

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

伊良子清白
いらこせいはく
(1877―1946)

詩人。本名暉造(てるぞう)。別号すゞしろのや。鳥取県八上(やかみ)郡曳田(ひけた)村(現鳥取市河原(かわはら)町)に生まれる。京都府立医学校に学ぶ。『少年園』『青年文』の投書家として詩文に頭角を現し、『文庫』にあっては『巌間(いわま)の白百合(しらゆり)』『夏日孔雀賦(くじゃくふ)』『海の声山の声』などの秀作を発表、漂泊の詩人として明治30年代の詩壇に重きをなした。1906年(明治39)その絶唱を厳選した唯一の詩集『孔雀船(ぶね)』を刊行。『文庫』派解体後、詩壇と絶縁した。医師として横浜、浜田(島根県)、台湾その他各地に転住。昭和期には『女性時代』『白鳥』への寄稿がある。昭和21年1月、疎開先の三重県度会(わたらい)郡七保村(現大紀(たいき)町)にて往診の途次、死去した。[近藤信行]
『『伊良子清白全集』全2巻(2003・岩波書店) ▽『伊良子清白蒐遺詩集』(2003・伊勢志摩文学館) ▽日夏耿之介著『明治大正詩史 下』(1929・新潮社/改訂増補版・1949・創元社) ▽日夏耿之介著『明治浪曼文学史』(1951・中央公論社) ▽『明治文学全集59 伊良子清白他集』(1969・筑摩書房) ▽平出隆著『伊良子清白』2冊(2003・新潮社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

伊良子清白の関連キーワード鳥取県岩美郡鳥取県鳥取市覚寺鳥取県鳥取市叶鳥取県鳥取市嶋鳥取県鳥取市新鳥取県鳥取市西町鳥取県鳥取市浜坂鳥取県鳥取市布勢鳥取県倉吉市明治町鳥取県八頭郡

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

伊良子清白の関連情報