コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

平和利用核爆発 へいわりようかくばくはつpeaceful nuclear explosion; PNE

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

平和利用核爆発
へいわりようかくばくはつ
peaceful nuclear explosion; PNE

核兵器開発のための核爆発と区別し,平和目的のための核爆発をさす。その用途は運河,灌漑施設,港湾,ダム建設などの大規模な土木工事,天然ガス,石油など地下資源の採取,人工元素の大量製造など多方面にわたるが,実用化はまだ初歩的な段階。アメリカが 1957年から運河建設,鉱床開発などのための「プラウシェア計画」に着手,その後天然ガス誘出の「ガスバギー計画」などを手がけて,地下核実験を試みてきたが,72年頃から予算も大幅に減少。一方,ソ連は数多くの爆発実験を行い,ボルガ川の増水計画に取組んだ。 PNEを拘束する条約は 76年に米ソ間で結ばれた平和目的地下核爆発制限条約があるだけで,PNEの規制は核兵器拡散防止問題にとって重要視されてきた。インドは 74年5月,プルトニウム利用の核爆発装置の実験を行い,その目的は平和利用にあると強調。特に 67年のラテンアメリカ核兵器禁止条約が PNEの実施を認めているため,インドに続いて他の潜在的核保有国,とりわけ核兵器不拡散条約の非締約国が PNEと称して核兵器開発のための実験を行う可能性もある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

平和利用核爆発の関連キーワード核実験禁止

今日のキーワード

ビットコイン

インターネット上で使用できる仮想通貨の一つ。日本円のような法定通貨とは異なり、通貨としての機能を持つ電子データであり、1ビットコインは、1BTCという単位で表記される。仮想通貨と似たものに、オンライン...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android