平和宮(読み)へいわきゅう

世界の観光地名がわかる事典の解説

へいわきゅう【平和宮】

オランダの南ホラント州のデンハーグDen Haag)にある、国連の常設機関である国際司法裁判所が置かれている建物。高い時計台と2つの尖塔がある。1899年、この町で開かれた万国平和会議でハーグ陸戦条約が採択されたことから、アメリカの実業家アンドリュー・カーネギー(1835~1919年)の資金により建設が始まり、1913年に完成した建物である。内部は各国から寄贈された家具や装飾品で飾られていて、見学者のためのガイドツアーが用意されている。なお、この建物には国際司法裁判所のほか、常設仲裁裁判所ハーグ国際法アカデミー、図書館、カーネギー財団などが入っている。建物の背後には美しい庭園がある。

出典 講談社世界の観光地名がわかる事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ダブルベーグル

テニス競技において、一方の選手がゲームカウント6-0で2セット連勝することの通称。真ん中に穴が空いたパンの一種であるベーグルの形が数字の「0」に似ていることが語源となっている。1セットの場合は単に「ベ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android