コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

万国平和会議 バンコクヘイワカイギ

2件 の用語解説(万国平和会議の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ばんこく‐へいわかいぎ〔‐ヘイワクワイギ〕【万国平和会議】

ロシア皇帝ニコライ2世の提唱で開かれた国際平和のための国際会議。第1回は1899年26か国代表により、第2回は1907年44か国代表により、ともにオランダハーグで開催された。軍縮については成果を得なかったが、国際紛争平和的処理条約、毒ガス使用禁止宣言などが採択された。ハーグ平和会議

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

ばんこくへいわかいぎ【万国平和会議】

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

万国平和会議の関連キーワードアレクサンドル聖ニコライロシア教会Николаевリバディヤ宮殿ロシア皇帝の密約北ケ市市太郎ニコライ(2世)シューベルト:葬送大行進曲 ハ短調/1 piano 4 handsシューベルト:英雄的大行進曲 イ短調/1 piano 4 hands

万国平和会議の関連情報