コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

平均思想 へいきんしそう

1件 の用語解説(平均思想の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

へいきんしそう【平均思想】

中国特有の平等思想。春秋戦国以後,宗法(そうほう)制が崩壊し,社会の中に諸種の不均衡が生ずると,これを是正して民生を安定させ,社会の調和を図ることが必要となった。その最初の表現は《荀子》王覇篇など先秦諸子の主張する政治思想の中に見られる。漢代以後大土地所有が進展すると,しばしば土地の国家管理が試みられたが,王莽(おうもう)の王田制や北魏以後の均田法では,儒家の井田法の思想が支えとなった。政治上の不公平に反抗する民間からの運動も,しばしば平均思想を根拠とした。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

平均思想の関連キーワード燕京湖北縦横家諸子百家中華思想国劇春秋戦国時代先秦六国臨淄

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone